八雲神社 (鎌倉市大町)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
八雲神社
Yakumo-jinja omachi.JPG拝殿
所在地 神奈川県鎌倉市大町1-11-22
位置 北緯35度18分54.3秒
東経139度33分16.6秒
座標: 北緯35度18分54.3秒 東経139度33分16.6秒
主祭神 須佐之男命稲田姫命八王子命
社格 旧村社
創建 永保年間
例祭 7月の第二土曜日を含む3日間
主な神事 本文参照
テンプレートを表示

八雲神社は、神奈川県鎌倉市大町に所在する神社。旧社格村社

もと鎌倉祇園社祇園天王社などと称したが、明治維新に際して現社名に改称した。

厄除け開運の神社としても知られており、地元では「八雲さん」や「お天王さん」などと呼ばれ親しまれている[1]

裏山は衹園山ハイキングコースの起点となっており、神社脇にハイキングコースの入口がある。

歴史[編集]

社伝によれば、永保年間源義光奥州へ向かうのに際し、鎌倉に疫病が流行しているのをみて、京都祇園社の祭神を勧請し、祭ったのが始まりと伝えられる。

応永年間には、義光の子孫である佐竹氏の屋敷に祀られていた祠が合祀され、佐竹天王と称した。

また、大正12年(1923年)関東大震災の際には社殿が倒壊しており、昭和5年(1930年)に再建された[2]

祭事[編集]

  • 正月6日 新年初神楽
  • 7月、例祭期間中 神幸祭 – 大町まつりとも呼ばれ、大規模な神興渡御で知られる。また、神幸祭の間に繰り出される神輿の下を幼児を抱いてくぐり、無事な成長を祈願する「神輿くぐり」も行われる[3]

アクセス[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  • 吉川弘文館『鎌倉古社寺辞典』ISBN 9784642080606
  • かまくら春秋社『鎌倉の神社 小事典』ISBN 9784774002057
  • 鎌倉市教育委員会『かまくら子ども風土記』

脚注[編集]

  1. ^ 鎌倉市教育委員会『かまくら子ども風土記』p74
  2. ^ 吉川弘文館『鎌倉古社寺辞典』p64
  3. ^ かまくら春秋社『鎌倉の神社 小事典』p60
  4. ^ かまくら春秋社『鎌倉の神社 小事典』p30
  5. ^ かまくら春秋社『鎌倉の神社 小事典』p76-77
  6. ^ かまくら春秋社『鎌倉の神社 小事典』p106-107
  7. ^ かまくら春秋社『鎌倉の神社 小事典』p34