八風バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:本社外観の画像提供をお願いします。2017年3月
八風バス株式会社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
511-0841
三重県桑名市大字小貝須字新堀北1604
北緯35度3分13.5秒
東経136度41分56.9秒
座標: 北緯35度3分13.5秒 東経136度41分56.9秒
設立 1952年3月7日
業種 陸運業
法人番号 8190001012489
事業内容 乗合・貸切バス事業
代表者 代表取締役 竹谷 賢一
資本金 2400万円
売上高 2億6637万円(2015年3月期)
従業員数 45名(2016年4月現在)
主要株主 三重交通株式会社
外部リンク http://happubus.sanco.co.jp/
テンプレートを表示

八風バス株式会社(はっぷうバス)は、三重県桑名市を中心に乗合バス事業と貸切バス事業を運営する運輸事業者。三重交通の関連会社である。本社は三重県桑名市大字小貝須字新堀北。 2007年12月1日より貸切事業所を四日市市へ移転している。

沿革[編集]

  • 1952年3月7日: 会社設立。
  • 1952年3月21日: 乗合事業営業開始。
  • 1958年4月1日: 三重交通傘下となる。
  • 1961年5月28日: 貸切事業営業開始。
  • 2007年12月1日: 三重交通(北部観光営業所)に貸切バス受注を委託。
  • 2008年4月1日: 三重交通から、同社の高速バス事業・貸切バス事業の管理・運営受託事業を開始。
  • 2016年4月1日: 三重交通のemica導入に伴い、八風バスでもmanaca、TOICAなどの10種類の全国相互利用交通系ICカードが使用できるようになる。

現行路線[編集]

一般路線[編集]

梅戸線[編集]

※地域間幹線系統として、国・三重県・自治体から補助を受けて運行する[1]

  • 桑名駅前 - 益生駅前 - 桑部橋 - 赤尾台 - 志知 - 大長 - 南金井
  • 桑名駅前 - 益生駅前 - 桑部橋 - 赤尾台 - 桑名西高校
  • 桑名駅前 - 益生駅前 - 桑部橋 - 赤尾台 - 志知
  • 桑名駅前 - 益生駅前 - 桑部橋 - 伊坂台 - 赤尾台 - 志知 - 大長 - 南金井
  • 桑名駅前 - 益生駅前 - 桑部橋 - 伊坂台 - 赤尾台 - 桑名西高校
  • 桑名駅前 - 益生駅前 - 桑部橋 - 伊坂台 - 赤尾台 - 志知
  • 桑名駅前 → 益生駅前 → 桑部橋 → 正和台 → 桑名西高校
  • 桑名駅前 → 益生駅前 → 桑部橋 → 正和台 → 志知

以前は南金井よりさらに先の福王山まで運転されていた。運行末期には毎日運行せず、福王神社の大祭日および正月3が日のみの運行となっていた。南金井 - 福王山間の運行は、2006年6月6日に廃止された[2]

2006年12月20日のダイヤ改正により、志知 - 南金井間の本数が減っている。また南金井発は朝のみ、南金井ゆきは夕夜のみ運行。2007年9月20日のダイヤ改定で、さらに減便されている。

ネオポリス・桑名西高線[編集]

  • 城山二丁目 - 笹尾西三丁目 - 笹尾東一丁目 - 穴太駅前 - 志知 - 桑名西高校
    休校日は運休、桑名西高校の始業時間と下校時間のみ運行。

運行受託[編集]

高速バス[編集]

  • 赤尾台名古屋高速線
    • 名古屋(名鉄バスセンター)→イオン桑名SC口→公団住宅前→星見ヶ丘→赤尾台→西正和台→正和台
    • 名古屋(名鉄バスセンター)←イオン桑名SC口←公団住宅前←星見ヶ丘←正和台←西正和台←赤尾台
    平日6往復、土曜・休日は2往復のみ運転。三重交通が運行し、八風バスが三交から運行管理を受託。
    沿革

コミュニティバス[編集]

廃止路線[編集]

空港連絡バス[編集]

桑名 - 中部国際空港線

一般路線[編集]

朝日線[編集]

  • 桑名駅前 - 有楽町(朝日インター口方面ゆきのみ停車) - 桑名シティホテル前 - 市役所前 - 三ツ矢橋 - 益生駅前 - 馬道 - 西川原 - 西別所 - 稗田 - キクヤ前(現:稗田西)- 桑部橋南 - 白梅の丘口 - 白梅の丘 - あさひ向陽台 - 朝日中学校前 - 朝日インター口
    2006年12月20日運行開始[8]
    2008年12月31日廃止[2]

桑名川越高校線[編集]

  • 桑名駅前 - 益生駅前 - 白梅の丘 - 川越高校
    2008年4月8日運行開始[9]
    2008年12月22日廃止[2]

車両[編集]

2006年度からワンステップバスが導入され、梅戸線、朝日線の他、桑名西高校のネオポリススクールバスにも運行。 2007年度、さらにワンステップバスを2台導入

路線車はほとんどの車輌にラッピングを施している。      

脚注[編集]

  1. ^ 「平成27年度地域間幹線系統確保維持補助金の交付路線」 (PDF)
  2. ^ a b c 東海3県の路線バス廃止に関する情報”. 2020年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月24日閲覧。
  3. ^ 桑名・赤尾台から名古屋へ高速バス運行開始! (PDF) - 三重交通・八風バス 2006年12月8日
  4. ^ 三重交通と八風バス、日本で初めてバスに電子マネー“Edy”を導入! Archived 2008年5月29日, at the Wayback Machine. - ビットワレット 2006年10月4日
  5. ^ 三重交通と八風バス、日本で初めてバスに電子マネー“Edy”を導入! (PDF) - 三重交通 2006年10月4日
  6. ^ バスの料金をEdyで支払い――セントレアへの空港線で - ITmediaニュース 2006年10月05日15時15分
  7. ^ 桑名中部国際空港高速線の廃止について (PDF) - 三重交通・八風バス 2008年8月29日
  8. ^ 海3県の2006年4月~2007年3月のバス路線新規開業・再編情報”. 2021年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月24日閲覧。
  9. ^ 東海3県のバス路線新規開業・再編情報”. 2014年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月24日閲覧。