八馬兼介 (3代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

3代八馬 兼介(はちうま かねすけ、1894年明治27年)12月23日[1] - 1960年昭和35年)8月12日[2])は、日本政治家貴族院議員[3][4]、兵庫県多額納税者[3][4][5][6]資産家[1]実業家神戸銀行頭取[6][7][8]八馬汽船相談役[9]。旧名・栄之介[1]。族籍は兵庫県平民[1][10]

人物[編集]

兵庫県武庫郡西宮町(現西宮市)出身。八馬永蔵の長男[6][11]。初代八馬兼介の孫[11]1916年早稲田大学商科卒業[7][12]1917年家督を相続し、旧名・栄之介を改めた[1]。精米及び海運業を営み[1]、傍ら銀行会社の重役であった[6]

八馬汽船社長、同会長、同相談役武庫銀行、西宮銀行各頭取、日伯拓殖、大同信託、神戸土地興業、日本毛織、共同信託、東洋パルプ取締役、西宮酒造、神戸海上火災保険、朝日海上火災保険、梅田映画劇場、阪神急行電鉄東京宝塚劇場、山陽中央水電、南街映画劇場、神戸瓦斯、日本鉱産業、桐花興業各監査役、神戸信託相談役、多聞代表社員などを務めた[3][6][7][10]

1936年、兵庫県の7銀行の合併による神戸銀行設立に参加[13]。神戸銀行初代頭取に就任、1947年までその職を務めた[13]

国防献金其の他計40万円を寄付した[7]。戦後、公職追放を受けた[14]。宗教は真宗本派本願寺[9]

家族・親族[編集]

八馬家

兵庫県西宮市久保町[4][6][9]神戸市宝塚市芦屋市

八馬家については『人事興信録 第10版 下』の八馬兼介を紹介する記事に「八馬家は先々代兼翁祖業精米商を継承し後海運業に転じて巨利を博したるに始まる」という記述がある[4]。初代兼介(兼翁)は八馬家の基を起こした[10]
1839年 - 1918年
  • 祖母・とき(兵庫、藤井萬兵衛の二女)[3]
1847年 -
1871年 -
  • 母・つや(兵庫、小川傳治郎の二女)[1]
1873年 -
1898年 - 1981年
1906年 -
1909年 -
1896年 -
1921年 -
  • 同妻(東京、子爵・三島通陽の三女)[9]
1927年 -
  • 三男・(多聞酒造会長)[8]
1929年 -
  • 同妻(東京、子爵・稲葉正凱の長女、稲葉正縄の孫)[8]
  • 四男・(多聞ビル社長)[8]
1930年 -
親戚
  • 妹の夫
  • 姉の夫・早瀬太郎三郎(大阪府多額納税者、桐花興業社長)
  • 弟の義父
  • 娘の夫・秋田博正(貴族院議員秋田三一の長男)
  • 息子の義父
  • 義父・増田増蔵(増田製粉所相談役、砂糖貿易商)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第5版』は11頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月2日閲覧。
  2. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』216-217頁。
  3. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第8版』ハ49頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月2日閲覧。
  4. ^ a b c d 『人事興信録 第10版 下』ハ53頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月2日閲覧。
  5. ^ 『日本紳士録 第37版附録 多額納税者名簿』14頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月2日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h 『人事興信録 第13版 下』ハ55頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月2日閲覧。
  7. ^ a b c d 『人事興信録 第14版 下』ハ52-53頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月2日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『豪閥 地方豪族のネットワーク』385-393頁。
  9. ^ a b c d 『人事興信録 第15版 下』ハ16頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月2日閲覧。
  10. ^ a b c d 『人事興信録 第7版』は11頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月23日閲覧。
  11. ^ a b c 『人事興信録 第4版』や12-13頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月2日閲覧。
  12. ^ 『早稲田大学校友会会員名簿 大正14年11月調』399頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月2日閲覧。
  13. ^ a b 『日本財閥経営史 地方財閥』218-219頁。
  14. ^ 『公職追放に関する覚書該当者名簿』81頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月2日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『早稲田大学校友会会員名簿 大正14年11月調』早稲田大学校友会、1915-1925年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第7版』人事興信所、1925年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第8版』人事興信所、1928年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第37版附録 多額納税者名簿』交詢社、1933年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第10版 下』人事興信所、1934年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 下』人事興信所、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 下』人事興信所、1943年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第15版 下』人事興信所、1948年。
  • 総理庁官房監査課編『公職追放に関する覚書該当者名簿』日比谷政経会、1949年。
  • 森川英正『日本財閥経営史 地方財閥』日本経済新聞社、1985年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 佐藤朝泰『豪閥 地方豪族のネットワーク』立風書房、2001年。

関連項目[編集]