公売

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

公売(こうばい)とは、滞納税庁が、国税徴収法に基づき、滞納税金の回収のために差し押さえた財産不動産または動産)を換価するための手続きのこと。

目次

概要

民間が行う競売に対し、官公庁が滞納税金の回収のために行うものを公売という。

最近では、東京都主税局が開始したインターネット公売等、新たな公売手法も開発されている。

問題点

公売に関しては、不動産競売と同様、入札参加の規定に、暴力団など反社会的団体を排除する規定が盛り込まれていない。このこともあって、税金滞納で差し押さえを受けた組事務所の土地・建物を、暴力団が公売で買い戻し、再び組事務所などに使用する例が存在し、問題となっている。日本弁護士連合会民事介入暴力対策委員会は、入札参加から暴力団排除を可能とするため、民事執行法の改正を法務省などに求める方針である[1]

関連項目

脚注

  1. ^ 差し押さえられた土地、暴力団が公売で買い戻し 読売新聞 2013年1月6日