公害国会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

公害国会(こうがいこっかい)は、1970年11月に開催された第64回臨時国会のこと。公害問題に関する法令の抜本的な整備を行ったことから「公害国会」と呼ばれる。

目次

概要

1960年代は、日本の高度経済成長に伴って、公害問題が悪化していった。また、法律も経済活動を優先させるような面を持っていたため、効果があまりなかった。

そこで、1970年7月に内閣総理大臣を本部長とする公害対策本部が設けられた。また、関係閣僚からなる公害対策閣僚会議を設置し、公害対策の基本的な問題についての検討を行った。この体制下で、公害関係法令の抜本的な整備を目的として、「公害国会」が開かれた。ここで、公害関係14法案が提出され、可決・成立した。

この公害国会の後、環境政策の進展のために、環境庁(現:環境省)が設置されることとなった。

主な内容

  1. 公害の防止に対する国の基本的な姿勢の明確化
  2. 公害の範囲の明文化
  3. 規制の強化
  4. 自然環境保護の強化
  5. 事業者責任の明確化
  6. 地方公共団体の権限の強化

可決成立した法案

新規

改正

今日は何の日(8月26日

もっと見る

「公害国会」のQ&A