公開スパーリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

公開スパーリングとは、ボクシングプロレス格闘技タイトルマッチ等の大興行の前にマスコミを招待して行うスパーリングのこと。通常のスパーリングとは目的や意味が大きく異なるので本項で解説する。

ボクシング[編集]

ボクシングの公開スパーリングは、主に世界選手権が行われる数日前前後に行われてきた。主な目的は試合のPRであり、スパーリングの様子をTVや新聞で試合前に報道することで一般層を煽ることができる。試合数が少ないボクシングにおいて試合以外で報道されることはPR効果としては大きい。マス・ボクシング程度に流すことが多く、手の内を隠したり故意に手を抜くこともあるが、それはそれで「隠している」とアピールされ煽ることもある。また、スパーリング本来の目的である調整や体調を図る目的もあり、対戦相手の目前で好調をアピールする、逆に不調を演技する、対戦相手の偵察を拒否する等様々なケースがあるが、それもまたマスコミから記事のネタとしては面白みがあって書きやすい。

ボクシング世界戦の慣例となってきたこの公開スパーリングであるが、日程的に最も選手の疲労が大きく激しいスパーリングを終えて調整時期に入っている時期に行われるという致命的な欠点があり、公開スパーリングで選手が大きな怪我を負ったり、ムキになって打ち合った結果疲労が回復せずコンディションを崩す等、試合の質を下げる要因になったケースも多い。近年ではこのようなきつい日程の公開スパーリングは減少する傾向もしくは短縮される傾向にある。

かつて日本ボクシング界はプロアマ間で断絶されていたためプロとアマチュアトップ選手のスパーリングは行われたとしても公開されていなかったが、2010年代に入り雪解けが進んだことでプロアマの公開スパーリングも目立つようになった。

これとは別にエキシビション的な公開スパーリングもある。詳細はリンク先を参照。

総合格闘技[編集]

総合格闘技においても公開スパーリングは行われるが、ボクシングと比較すると組み技限定(もちろん選手によってはパンチやキックに限定することもある)にするなど、かなり軽く行われる。コスプレ衣装でスパーリングを行う等、遊び心に富んだアピールをすることもある。

プロレス[編集]

プロレスにおける公開スパーリングは、主に新技初披露の場として行うことが多い。また、一部団体で行われている道場マッチは公開スパーリングを興行化したものと見る向きもある。

関連項目[編集]