六ツ見橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
六見橋
西側の木曽川右岸下流から望む六見橋、左手前に高山本線(2017年3月25日)
基本情報
日本の旗 日本
所在地 岐阜県下呂市少ケ野 - 下呂市森
交差物件 飛騨川
建設 - 1931年昭和6年)
座標 北緯35度48分5.7秒
東経137度14分36.2秒
座標: 北緯35度48分5.7秒 東経137度14分36.2秒
構造諸元
形式 下路鋼ボーストリングトラス橋
全長 96.3 m
4.4 m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

六見橋(六ツ見橋、むつみばし[1])は、岐阜県下呂市飛騨川に架かる、岐阜県道440号乗政下呂停車場線である。

下呂温泉のすぐ下流に位置する。生活道路であるが、下呂温泉を一望できることから観光客も多く利用する。右岸に東海旅客鉄道(JR東海)の高山本線が通り、岐阜県道88号下呂小坂線に接続する。

概要[編集]

その他[編集]

六見橋から望む飛騨川下呂温泉
  • かつてここには「塚田の渡し」という渡船が存在していた。この渡船は奈良時代より重要な渡船であったという。
  • 六ツ見橋の名は、「下呂六景」をすべて眺めることができることから名づけられたという。下呂六景は、中根山(下呂富士)、温泉寺、湯ヶ峰の夕映えなどである。
  • 1938年(昭和13年)頃、野口雨情が下呂温泉を訪れ[1]、「下呂歌謡」を作詞している。その歌詞で「六ツ見橋ゆきや 暑さは志らぬ涼しい川風 そよそよと」と唄われている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 飛騨川周辺地域の歴史的土木構造物 (PDF)”. 岐阜県. pp. 3. 2017年9月16日閲覧。

関連項目[編集]