六フッ化セレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
六フッ化セレン
識別情報
CAS登録番号 7783-79-1
特性
化学式 SeF6
モル質量 192.9534 g/mol
外観 無色気体
融点

-35 °C (2 atm)

熱化学
標準生成熱 ΔfHo 1030 kJ/mol[1]
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

六フッ化セレン(ろくフッかセレン、: selenium hexafluoride)は、化学式がSeF6で表されるセレン六フッ化物である。無色の有毒の気体で、ひどく不快な臭気を有する。

セレンとフッ素、または三フッ化臭素BrF3二酸化セレンSeO2によって合成することができる。性質は六フッ化硫黄と類似している。多くのセレン化合物と同様にSeF6超原子価化合物であり、八面体形分子構造を有する(Se-O結合長は168.8 pm)。

通常状態ではに不活性で[1]、10%の水酸化ナトリウム水溶液または水酸化カリウム水溶液に通じても反応を起こさないが、アンモニアとは200 °Cで反応する[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b Inorganic Chemistry,Egon Wiberg, Arnold Frederick Holleman Elsevier 2001 ISBN 0123526515
  2. ^ Krebs B, Bonmann S, Eidenschink I. Selenium-Inorganic Chemistry Encyclopedia of Inorganic Chemistry Ed. R. Bruce King (1994) John wiley & Sons ISBN 0 471 93620 0