六ヶ岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
六ヶ岳
Gthumb.svg
画像募集中
標高 338.9 m
所在地 日本の旗 日本 福岡県宮若市
鞍手郡鞍手町
位置 北緯33度44分52.5秒
東経130度40分52.3秒
座標: 北緯33度44分52.5秒 東経130度40分52.3秒
六ヶ岳の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

六ヶ岳(むつがだけ)とは、福岡県宗像地方鞍手町室木と宮若市龍徳に跨る標高338.9mのである。崎戸山ともいう。

ここには鞍手テレビ中継局が置かれている。

概要[編集]

  • 宗像三女神が降臨したという神話が伝わる。
  • 山麓に六嶽神社があり、宗像三女神が祀ってある。
  • 山頂からの見晴らしは、宗像市・鞍手町方面には響灘玄界灘北九州市下関市方面には北九州工業地帯が、直方市田川市方面には英彦山が見える。
  • 名の由来は山塊の頂が「朝日(旭)、天山、羽衣、高祖、崎門、出穂」の六峰から構成されているためである。
  • 山麓から流れる水は、ミネラル分が豊富で、長く地元民から愛されている。