六六経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

六六経[1](ろくろくきょう、: Chachakka-sutta, チャチャッカ・スッタ)とは、パーリ仏典経蔵中部に収録されている第148経。『六六法経』(ろくろくほうきょう)[2]とも。

類似の伝統漢訳経典としては、『中阿含経』(大正蔵26)の第86経「説処経」等がある。

釈迦が、比丘たちに、六処に関する仏法を説く。経名は、六処に関連する項目が六種出てくることに因む。

構成[編集]

パーリ経典による六六経
 
  (Āyatana)  
 
 






   
 
 





   
  六根
感覚器官
<–> 六境
感覚器官の対象
 
 
触 (パッサ)
   
識 (ヴィンニャーナ)
 
 
 
  1. 六根とは、目、耳、鼻、舌、体、心
  2. 六境とは、色(ルーパ)、音、匂い、味、触覚、意の知覚対象(法)
  3. 名色(ナーマルーパ)は、(ヴィンニャーナ)により生じる
  4. 処(六根六境)は、名色(ナーマルーパ)により生じる
  5. は、処(六根六境)により生じる
  6. 感受(, ヴェーダナー)は触により生じる
  7. 渇愛(タンハー)は感受により生じる
 Source: MN 148 (Thanissaro, 1998)    details

登場人物[編集]

場面設定[編集]

ある時、釈迦はサーヴァッティー舎衛城)のアナータピンディカ園(祇園精舎)に滞在していた。

釈迦は比丘たちに、

  1. 六内処
  2. 六外処
  3. 六識身
  4. 六触身
  5. 六受身
  6. 六愛身

から成る仏法を説く。

それを聞いて60人の比丘が解脱に至る。

日本語訳[編集]

  • 『南伝大蔵経・経蔵・中部経典4』(第11巻下) 大蔵出版
  • 『パーリ仏典 中部(マッジマニカーヤ)後分五十経篇II』 片山一良訳 大蔵出版
  • 『原始仏典 中部経典4』(第7巻) 中村元監修 春秋社

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『南伝大蔵経』、『原始仏典』中村
  2. ^ 『パーリ仏典』片山

関連項目[編集]