六所神社 (岡崎市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
六所神社
Okazaki-Rokusyo-Jinja-4.jpg
拝殿
所在地 愛知県岡崎市明大寺町耳取44
位置 北緯34度56分57.9秒
東経137度10分6.3秒
座標: 北緯34度56分57.9秒 東経137度10分6.3秒
主祭神 猿田彦命
塩土老翁命
事勝国勝長狭命
社格 県社
例祭 10月
地図
六所神社の位置(愛知県内)
六所神社
六所神社
テンプレートを表示

六所神社(ろくしょじんじゃ)は、愛知県岡崎市明大寺町にある神社。旧社格は県社。多数の重要文化財を有する。

概要[編集]

松平氏徳川氏)発祥の地である松平郷(現・豊田市松平町付近)の六所神社(現・豊田市坂上町)より祭神の勧請を受けて、徳川家康の祖父松平清康が創建したものである。徳川家康の産土神として江戸幕府の厚い保護を受けた。

松平郷の六所神社は、鹽竈六所明神(鹽竈神社の六所宮の神)より勧請を受けたもので、六柱の神を祀っていた。岡崎の六所神社はそのうち猿田彦命塩土老翁命・事勝国勝長狭命の三神の分祀を受けた。現在は、他に12柱の神を祀る。

毎年10月に「六所神社例祭」が開催される。2017年(平成29年)は、10月8日(日)に宵宮祭、10月9日(月)に例祭が行われた。

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 六所神社 3棟
    • 本殿・幣殿・拝殿(1棟)附:厨子6基、棟札6枚
    • 神供所
    • 楼門
以上の建造物は1935年昭和10年)に国の重要文化財に指定された[1]。権現造の社殿(本殿・幣殿・拝殿)および神供所は、寛永11年(1634年)から同13年にかけて徳川家光の命を受けて改築されたものである。楼門は貞享5年(1688年)の建立[1]

その他[編集]

  • 六所神社絵馬群(83点) - 岡崎市指定有形民俗文化財[2]

ギャラリー[編集]

アクセス[編集]

名鉄東岡崎駅下車徒歩5分。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 六所神社”. 愛知県. 2013年4月19日閲覧。
  2. ^ 岡崎市指定文化財目録”. 岡崎市. 2013年6月2日閲覧。