六日市インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
六日市インターチェンジ
Chugoku-expwy muikaichi-ic.jpg
六日市インターチェンジ
(島根県鹿足郡吉賀町)
所属路線 E2A 中国自動車道
IC番号 29
料金所番号 01-325
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0187.svg 六日市
【補助標識】津和野 益田
起点からの距離 403.6 km(吹田JCT起点)
深谷PA (8.1 km)
(4.9 km) 朝倉PA
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0187.svg 国道187号
供用開始日 1983年昭和58年)3月24日
通行台数 x台/日
所在地 699-5514
島根県鹿足郡吉賀町立河内53
テンプレートを表示
料金所

六日市インターチェンジ(むいかいちインターチェンジ)は、島根県鹿足郡吉賀町中国自動車道インターチェンジ

島根県警察高速道路交通警察隊浜田分駐隊六日市詰所が併設されている。

概要[編集]

中国自動車道のICで唯一島根県を通るICである。このICから国道187号経由で岩国市中心部・同市旧錦町域や津和野町方面に至ることもできる。

吉和サービスエリアのガソリンスタンドが閉店したことに伴うガス欠防止策として、2015年4月20日からインターチェンジ周辺の指定ガソリンスタンド[1]で給油するETC利用車に対して、1時間以内の中途出場を認める社会実験を行っていた[2]。その後、2018年3月23日よりETC2.0を活用した道の駅むいかいち温泉への一時退出実験(道の駅に必ず立ち寄る必要がある。インターチェンジ周辺のガソリンスタンドも利用可能。)が開始された[3]

道路[編集]

歴史[編集]

  • 1983年昭和58年)3月24日 : 千代田IC - 鹿野IC間の開通により供用開始。
  • 2018年平成30年)3月23日 : 国土交通省の社会実験事業として、高速道路一時退出実験の試行開始[4]ETC2.0搭載車に限定して、当ICで流出し、隣接する道の駅むいかいち温泉に立ち寄り後、1時間以内に当ICから再流入して順方向に利用の場合、目的地まで高速道路を降りずに利用した場合と同じ料金に調整される。)。
  • 2020年令和2年)3月27日 : 高速道路一時退出実験の退出可能時間がそれまでの1時間以内から3時間以内に引き上げられる[5]

接続する道路[編集]

直接接続[編集]

間接接続[編集]

料金所[編集]

  • ブース数:4

入口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般・ETC:1

出口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

周辺[編集]

[編集]

E2A 中国自動車道
(28) 吉和IC - 吉和SA/BS - 深谷PA/BS - (29) 六日市IC/BS - 朝倉PA/BS - (30) 鹿野IC/BS

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ENEOSセルフ六日市SS(六日市石油店)、コスモ六日市SS(山根石油)の2か所が指定されていた。
  2. ^ 『高速道路外ガソリンスタンドサービス社会実験』の開始(西日本高速道路、2015年4月16日)
  3. ^ E2A 中国自動車道 吉和IC・六日市ICでの『高速道路外ガソリンスタンドサービス』終了のお知らせ(西日本高速道路、2018年2月28日)
  4. ^ 3月23日から 中国地方で新たに4箇所 高速道路から「道の駅」の利用が可能となります! 利用出来る道の駅「舞ロードIC千代田」、「来夢とごうち」、「むいかいち温泉」、「奥大山」 〜E2A 中国道 千代田IC・戸河内IC・六日市IC E73 米子道 江府ICで実験開始〜 (PDF)”. 国土交通省中国地方整備局・西日本高速道路株式会社 (2018年2月28日). 2020年5月3日閲覧。
  5. ^ 高速道路からの一時退出を可能とする「賢い料金」の実施について (PDF)”. 国土交通省道路局 (2020年3月13日). 2020年5月3日閲覧。
  6. ^ セルフ六日市 SS (有)六日市石油店”. JXTGエネルギー. 2019年1月6日閲覧。
  7. ^ 六日市SS”. コスモ石油マーケティング. 2019年1月6日閲覧。

関連項目[編集]