六本佳平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
六本 佳平
人物情報
生誕 (1939-03-10) 1939年3月10日(80歳)
日本の旗 日本神戸市
国籍 日本の旗 日本
出身校 麻布学園
東京大学
カリフォルニア大学バークレー校
両親 六本和子
学問
研究分野 法社会学
研究機関 東京大学
学位 法学博士
テンプレートを表示

六本 佳平(ろくもと かへい、1939年3月10日 - )は、日本の法学者法学博士)。専門は法社会学東京大学名誉教授神戸市出身[1]。1970年助教授として、日本の国立大学最初の「法社会学講座」担当者となる。俳人の六本和子は母親。https://www.linkedin.com/in/recollctions/?trk=nav_responsive_tab_profilehttps://krokumasa14.web.fc2.com/index1.html

学歴[1][編集]

職歴[編集]

  • 1970年 東京大学法学部助教授(法社会学講座)
  • 1976-78年 A.v.フンボルト財団研究員としてビーレフェルト大学社会学部滞在;
  • 1978年 東京大学法学部教授(1996年 東京大学附属図書館長)
  • 1988-89年 文部省在外研究員としてロンドン・スクール・オブ・エコノミクス法学部滞在
  • 1999年 放送大学教授、東京大学名誉教授
  • 2004年 放送大学特任教授

著作・編著[編集]

  • 『民事紛争の法的解決』(岩波書店)1971年
  • 『法社会学教材』(石村善助と共編)(東京大学出版会)1976年
  • 『法社会学』(有斐閣)1986年
  • 『法社会学入門-テュトリアル18講』(有斐閣)1991年
  • 『法社会学の新地平』(日本法社会学会と共編)(有斐閣)1999年
  • 『日本の法システム』(放送大学教育振興会)2000年
  • 『比較法システム論』(放送大学教育振興会)2002年
  • 『日本法文化の形成』(放送大学教育振興会)2003年
  • 『法の世界』(放送大学教育振興会)2004年
  • 『日本の法と社会』(有斐閣)2004年
  • 末弘厳太郎と日本の法社会学』(六本佳平=吉田勇編)(東京大学出版会)2007年
  • (Editor)Sociological Theory of Law, Dartmouth, 1994

論文[編集]

  • 「法の社会学的理論(1)」(法学協会雑誌96巻12号1503-1541頁)「同(2)」(法学協会雑誌100巻4号679-714頁)
  • 「弁護士の役割と業務形態:日本と外国との数量的比較を中心として」(『法学協会百周年記念論文集第一巻』、1983年)
  • 「規制過程と法文化:排水規制に関する日英の実態研究を手がかりに」(『平野龍一先生古希祝賀論文集・下巻』有斐閣、1991年)
  • 「医療事故訴訟事件の特質と処理パターン」(唄孝一(編)『医療と法と倫理』岩波書店 1983年)


訳書[編集]

  • D. ロイド『現代法学入門-法の観念』(川島武宜との共訳)(日本評論社、1968年)
  • ルーマン著『法社会学』(村上淳一との共訳)(岩波書店、1977年)
  • ノネ=セルズニック著『法と社会の変動理論』(岩波書店、1981年)

門下生[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 六本佳平(1986)『法社会学』有斐閣 著者紹介欄より
  2. ^ a b 六本 佳平  Kahei Rokumoto - Professor Emeritus - The University of Tokyo | LinkedIn”. Linked In. 2019年2月5日閲覧。