六畳の生涯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

六畳の生涯』(ろくじょうのしょうがい)は、松本清張小説。『週刊朝日』1970年4月3日号から7月10日号に、「黒の図説」第5話として連載され、1971年9月に中編集『生けるパスカル』収録の一作として、光文社カッパ・ノベルス)から刊行された。

1987年にテレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

来年80歳になる志井田博作は、かつて長野県内の開業医であったが、今は東京の息子夫婦のもとに同居している。が、やはり医者となった息子の正夫は仕事が忙しく、嫁の望子とは話が合わずで、最近は裏側の六畳間に引っ込んでいた。看護婦の久富千鶴子も気取った体裁屋で、博作とは気が合わなかった。家政婦の吉倉トミが来るようになると、望子は博作の世話を彼女に委ねた。34歳のトミはこまめでよく気のつく女であった。一人で寝起きしている博作は、トミのやくざな亭主の話を聞いているうちに、彼女を口説き始める。

トミは以前の手伝い先の家から求められ、一週間志井田家から離れることになった。博作はトミを求めて家を抜け出し、彼女の行き先、さらに実家を探索し始めた。トミの虜になった博作は、彼女を獲得した上での新生活を夢見るようになる。志井田医院でのひそかな企みが始まっていた…。

テレビドラマ[編集]

松本清張サスペンス・六畳の生涯」。1987年11月26日読売テレビ制作・日本テレビ系列の「木曜ゴールデンドラマ」枠(21:02 - 22:51)にて放映。第25回ギャラクシー賞奨励賞受賞作品。視聴率25.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

キャスト
スタッフ
読売テレビ制作・日本テレビ系列 木曜ゴールデンドラマ
前番組 番組名 次番組
娘の結婚
(原作:芝木好子
(1987.11.19)
松本清張サスペンス
六畳の生涯
(1987.11.26)
愛が見えるとき
(1987.12.3)