六角彩子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
六角 彩子
埼玉西武ライオンズ・レディース #36
六角彩子選手.jpg
2019年10月撮影
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県日立市
生年月日 (1991-10-24) 1991年10月24日(28歳)
身長
体重
157 cm
kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
選出年 2010年2012年2014年2016年

六角 彩子(ろっかく あやこ、1991年10月24日 - )は、日本の女子野球選手内野手)、第4回IBAF女子ワールドカップ日本代表茨城県出身

経歴[編集]

小学4年生で兄の影響からリトルリーグで野球を始め、中学は軟式野球部でポジションは投手遊撃手

高校は埼玉栄高等学校に進学し、女子硬式野球部に入り、ポジションは投手二塁手三塁手。 中学では唯一の女子部員だったが高校では全員女子部員になりプライベートも充実したという。

帝京平成大学に進学し、卒業と共に理学療法士の資格を取得する。

2010年のIBAF女子ワールドカップでは日本代表に選ばれ、大会ではMVPと首位打者に選出された。

国際野球連盟が発表した、2010年の年間最優秀女子選手(MVP)に、日本人として初めて選ばれた。男女を通じても初めてである[1]

近年は加圧トレーニングのトレーナーと女子硬式野球クラブチーム侍に所属し、日本国内から香港ニュージーランドを初めとする海外まで国際野球連盟考案の野球を普及させるための競技BASEBALL5を利用して女子野球の普及活動をしている。

2019年12月17日2020年東京オリンピックの聖火ランナーに選出され、7月5日茨城県を走る予定。

2020年1月15日埼玉西武ライオンズ公認女子野球チーム埼玉西武ライオンズ・レディース(本拠地・埼玉県川越市)に移籍することを発表。背番号は侍時代に続き「36」[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]