共同テレビジョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
株式会社共同テレビジョン
KYODO TELEVISION, LTD.
種類 株式会社
略称 共同テレビ、共テレ
本社所在地 日本の旗 日本
104-0045
東京都中央区築地5丁目6番10号
浜離宮パークサイドプレイス11・12階
北緯35度39分44.4秒 東経139度45分56.2秒 / 北緯35.662333度 東経139.765611度 / 35.662333; 139.765611座標: 北緯35度39分44.4秒 東経139度45分56.2秒 / 北緯35.662333度 東経139.765611度 / 35.662333; 139.765611
設立 1958年(昭和33年)7月28日
(共同テレビジョンニュース社)
業種 情報・通信業
法人番号 8010001014395 ウィキデータを編集
事業内容 テレビ番組の企画・制作・販売
VTR収録、撮影、録音、照明、スチール写真の取材技術関連業務
スタジオ及び中継車の制作技術関連業務
アナウンサーのマネージメント 他
代表者 代表取締役社長 港浩一
資本金 1億5000万円
(2020年3月31日現在)[1]
純利益 2億1497万8000円
(2020年3月期)[1]
純資産 91億2023万9000円
(2020年3月31日現在)[1]
総資産 132億7517万4000円
(2020年3月31日現在)[1]
従業員数 182名(2018年3月現在)
決算期 3月31日
主要株主 株式会社フジ・メディア・ホールディングス
関西テレビ放送株式会社
株式会社中日新聞社
東海テレビ放送株式会社
株式会社電通
株式会社ポニーキャニオン
株式会社テレビ西日本
主要子会社 株式会社共同エディット
株式会社ベイシス
株式会社バンエイト
株式会社フォニックス
外部リンク www.kyodo-tv.co.jp ウィキデータを編集
特記事項:フジテレビジョン分室(分室1)
〒137-8088
東京都港区台場2丁目4番8号 フジテレビジョン内
ダイバーシティ東京分室(分室2)
〒135-0064
東京都江東区青海1-1-20 ダイバーシティ東京 オフィスタワー
テンプレートを表示

株式会社共同テレビジョン(きょうどうテレビジョン、: KYODO TELEVISION, LTD.)は、日本のテレビ制作プロダクション

フジ・メディア・ホールディングス(FMHD)の子会社で、フジサンケイグループに属する。

2018年10月より、愛称・略称を『共テレ』としている。

概要[編集]

1958年7月に共同通信社を中心に、フジテレビ[注釈 1]東海テレビ[注釈 2]関西テレビ[注釈 3]、日本教育テレビ(NETテレビ。現・テレビ朝日[注釈 4]、中部日本新聞社(現・中日新聞社)などの出資による、ニュース映像を配信することを目的とした「共同テレビジョンニュース社」として設立。「共同テレニュース」を制作して出資各社で放送される事となっていたが、程なくNETが脱退し、事実上フジテレビ系列のニュース制作会社となった。

1960年に共同通信社、静岡新聞社西日本新聞社が脱退し、中日新聞社や地方局の出資は残るもののフジテレビ傘下に入ることとなり、1966年FNN発足後は専らテレビ番組制作会社に転向。1970年に「共同テレビジョン」に改称し、現在は主にFNSで放送される情報番組・ドラマ番組・番宣番組の制作会社、FNSで技術担当を行う技術会社という2つの顔を持つ。

現在、番組制作に関してはFNS系列にこだわらず、NHK、テレビ朝日、TBSテレビテレビ東京など他系列のドラマを中心とした番組制作も積極的に受注している。

FMHD傘下の会社ではあるが、2018年10月以降、「共テレ」独自ロゴ[注釈 5]を制定してそのクレジットに移行したことで、フジテレビを含む全ての番組で目玉マーク(フジサンケイグループの統一シンボルマーク)の使用と正式ロゴ(フジサンケイグループ統一書体で「共同テレビ」。以下同じ)によるクレジットも廃止されている。
同年9月までは目玉マークをロゴマークとしており、同じフジサンケイグループ企業であるフジテレビの制作番組に限り「制作 (目玉マーク)上段:フジテレビ 下段:共同テレビ」とクレジットされていた[注釈 6]。フジテレビ以外(FNS系列の地方局が制作する場合も含む)の番組では以前より正式ロゴだけクレジットされていた。

共同テレビの名の下に働いているが、共同テレビジョン直属社員と、子会社のベイシス(旧・共同スタッフ/制作スタッフ)・共同エディット(技術スタッフ)からの派遣社員の二重構造になっている。

2019年7月、4K解像度対応の中継車「KR-supreme」(ベース車両は日野自動車プロフィア)が納車され、運用開始。この車両には両サイドには「KYODO TELEVISION(フジサンケイグループ統一書体) KR-supreme」と表記されているが、リアには「共テレ(ロゴ) KR-supreme」と表記されている。

かつてはフリーアナウンサーのマネジメントおよび社員アナウンサーの派遣も行っていた。アナウンサーのマネジメント業務の一部は、2008年10月30日にフジテレビおよびセント・フォースと共同で設立したフォニックスに移管。一方で、共同テレビ自体は遅くとも2014年9月まで同業務(事業開発部 → マネージメント室)を継続していた[2]

第1制作部(旧ドラマ部)[編集]

1986年8月1日にテレビドラマ制作専門部署として、テレパックから移籍した制作スタッフを中心に業務を開始。

(凡例)太字:現在放映中の連続ドラマおよび継続中のスペシャルドラマまたはこれからの連続・スペシャルドラマ、特に記述がないのはフジテレビ

主な作品[編集]

テレビ番組[編集]

映画[編集]

インターネット動画配信[編集]

スタッフ[編集]

『』は担当した主な作品

プロデューサー[編集]

監督[編集]

『』はメインで担当した主な作品

第2制作部(旧情報・バラエティ部)[編集]

(特に記述がないのはフジテレビ)

主な作品[編集]

テレビ番組[編集]

報道・情報[編集]
教養・紀行・ドキュメンタリー[編集]
バラエティ・クイズ[編集]
ミニ番組[編集]

インターネット動画配信[編集]

バラエティ[編集]
音楽[編集]

第3制作部(旧事業開発部・メディアプロモーション部が合併)[編集]

主な作品[編集]

テレビ番組[編集]

バラエティ・クイズ[編集]
テレビドラマ[編集]

インターネット動画配信[編集]

スタッフ[編集]

プロデューサー[編集]

  • 西山仁紫(フジテレビ→)
  • 大林龍彦
  • 神崎茂
  • 吉見健士(フジテレビ→所属:ベイシス)
  • 関卓也(フジテレビ→)
  • 佃敏史
  • 正垣吉朗(イースト→)
  • 鈴木健三(元東海テレビ、プロレスラー)『前へ 明大ラグビー部のキセキ』[3][4]
  • 佐々木豪

ディレクター[編集]

  • 木島孝
  • 井川尊史
  • 大島健志
  • 長原竜也
  • 長山孝太郎
  • 菱田啓介

制作技術部[編集]

(凡例)太字:現在放映中の番組および継続中の特別番組またはこれからの番組、特に記述がないのはフジテレビ

テレビ番組[編集]

ニュース・報道[編集]

情報・ワイドショー[編集]

スポーツ[編集]

教養・ドキュメンタリー[編集]

バラエティ・クイズ[編集]

音楽[編集]

テレビドラマ[編集]

インターネット動画配信[編集]

バラエティ[編集]

音楽[編集]

ドラマ[編集]

映像制作部(旧:取材技術部→映像取材部)[編集]

テレビ[編集]

(凡例)太字:現在放映中の番組および継続中の特別番組またはこれからの番組、特に記述がないのはフジテレビと共同テレビ

ニュース・報道[編集]

情報・ワイドショー[編集]

スポーツ[編集]

教養・ドキュメンタリー・紀行[編集]

バラエティ・クイズ[編集]

音楽[編集]

共同テレビ出身の人物[編集]

プロデューサー[編集]

  • 岡田太郎(文化放送→フジテレビディレクター→共同テレビ社長・会長・相談役を歴任後引退)[5]
  • 大黒章弘
  • 中山和記(テレパック→共同テレビ→株式会社バンエイト代表取締役社長→株式会社バンエイト取締役相談役)
  • 関口静夫(テレパック→共同テレビ常務取締役→非常勤顧問)
  • 塩沢浩二フジテレビ(女子高生へのわいせつ行為により懲戒解雇)→現在:映像プロデューサー・監督。塩澤浩二名義)
  • 東海林秀文(フジテレビ→現在:トータルメディアコミュニケーション所属)
  • 森谷雄(株式会社アットムービー 代表取締役社長)
  • 加藤正俊(現:日本テレビプロデューサー)
  • 黒田徹也(現:テレビ朝日プロデューサー)
  • 木村元子(読売テレビ→デジタルハリウッド・エンタテインメント株式会社 代表取締役副社長→現在:ドリームプラス株式会社 代表取締役社長)
  • 服部嘉和(現:鹿島アントラーズ広報)
  • 船津浩一(テレパック→ベイシス→テレビ朝日に移籍)
  • 守屋圭一郎(→ロボット映画部に移籍)
  • 土屋健(フジテレビ→共同テレビに出向→フジテレビ)
  • 下重聡(共同テレビ→(株)ゾディアック代表取締役)
  • 古郡真也(オズ・エンターテイメント→共同テレビに出向→FILM LLP
  • 川上一夫(ベイシス→ジニアスに移籍)
  • 稲田秀樹(ライトビジョン→テレビ東京に移籍)
  • 後藤庸介(東海テレビに移籍)
  • 小松純也(フジテレビ→共同テレビ→2019年に独立し、株式会社スチールヘッド代表取締役。独立後も法人として共同テレビの番組の制作に携わる)
  • 高橋萬彦(藤本萬彦) 常務取締役 権利開発室長、兼ドラマ部・映画製作部担当→退任
  • 小椋久雄 執行役員兼ドラマ部長→退任

監督[編集]

アナウンサーほか[編集]

アナウンサー関係の業務は、基本的に専門部署(事業開発部 → マネージメント室)を設けて一括して行っていた。やはりフジネットワーク系列社出身者が多かった。配列は50音順とした。

タレント・マネージメント契約者[編集]

(元職)内に肩書が無いものはその局のアナウンサーだった者である。☆はフォニックスに移籍

フジネットワーク系列社出身
系列外の出身者

講演活動におけるマネジメント[編集]

マネージメント協力[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
注釈
  1. ^ 放送開始は翌1959年3月。
  2. ^ 会社設立時は放送開始済。
  3. ^ 放送開始は同年11月。
  4. ^ 放送開始は翌1959年2月。
  5. ^ ベイシスのロゴと同じ意匠。
  6. ^ ただし、『F2スマイル』のように制作協力だけの場合は「(目玉マーク)共同テレビ」と単独でクレジットされ(クレジットされない場合もある)た。
  7. ^ 同じフジ系のフジ・メディア・テクノロジー(旧八峯テレビ)も、FC東京浦和レッドダイヤモンズ主管試合を委託製作している。
出典
  1. ^ a b c d 第69期決算公告、2020年(令和2年)6月12日付「官報」(号外第116号)234頁。
  2. ^ 2014年12月時点の組織図
  3. ^ プロレスラーの鈴木健三さん、明大ラグビー日本一に歓喜…22年前Vメンバー、妻・浩子さんもOG” (日本語). スポーツ報知 (2019年1月13日). 2020年6月21日閲覧。
  4. ^ 【ラグビーW杯】鈴木健三氏が姫野にエール 愛知の歴史を変えた男が世界へ羽ばたく – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社 (2019年10月3日). 2020年6月21日閲覧。
  5. ^ 吉永小百合、夫婦生活語る/芸能/デイリースポーツ online 2017年2月18日閲覧

関連項目[編集]