共同受信施設

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

共同受信施設(きょうどうじゅしんしせつ)は、集合住宅や山間部など難視聴地域でテレビ・ラジオ放送を受信するための設備である。集合住宅共同受信施設難視聴解消共同受信施設がある[1]。集合住宅共同受信施設は主に都市部にあり、難視聴解消共同受信施設は主に山間部にある。

概要[編集]

集合住宅の共同受信施設の場合、周りの低層の建物も受信できるようにする場合がある。地上波だけではなく、BS放送やCS放送も受信できるようになっているところもある[2]

アナログ放送終了に伴う改修[編集]

アンテナがVHFアンテナのみで、従来のアナログ放送のみ受信可能な共同受信施設(特に東京周辺に多い)は、UHFアンテナの設置が必要である[3]。UHFアンテナがあっても、62chまでの受信は不可能な仕様で、地上デジタル放送が受信できない場合もある。老朽化でデジタル放送移行を機に改修する場合もある。また、改修には費用がかかるため、日本では国が改修費用の一部を補助する制度がある[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ NHKアイテック|放送受信環境整備:共同受信施設のデジタル化
  2. ^ テレビ共同受信システムとは
  3. ^ ビル陰共同受信施設向け|地デジ改修工事|日本アンテナ
  4. ^ 山間地などの地理的条件によるテレビ難視聴解消の共同受信施設で受信する場合