共振回路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

共振回路(きょうしんかいろ、: resonance circuitまたは: resonant circuit)は電気回路のうち、コイルコンデンサ間のエネルギー移動を利用した回路である。

直列共振回路[編集]

コンデンサとコイルを直列に接続した共振回路であり、特定の共振周波数で互いの電位を打ち消し合い、外からはインピーダンス交流における抵抗)がに見える。

並列共振回路[編集]

コンデンサとコイルを並列に接続した共振回路であり、特定の共振周波数で互いの電流を打ち消しあい、外からはインピーダンスが無限大に見える。反共振(: antiresonance)とも呼ばれる。このとき、コンデンサの内部に電力として蓄えられたエネルギーと、コイルの内部に磁力として蓄えられたエネルギーが、系の内部で互いに移動するため外部から見た場合にエネルギーの出入りが無い。

共振回路の利用[編集]

これらの回路は受信機の選局回路(同調回路)、フィルタ回路(濾波器)などに頻用される。

また、アンテナにおいては、電磁波波長と空中線の素子(エレメント)の長さの関係がある一定の条件を満たした場合に、エネルギーの変換効率が最大となる。この現象も共振と呼ばれる。

共振周波数を測定する機器としてディップメータがある。

脚注[編集]

関連項目[編集]