兵庫県立姫路商業高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
兵庫県立姫路商業高等学校
姫路商業高校
過去の名称 姫路市立姫路商業学校
兵庫県立姫路商業学校
兵庫県立姫路東高等学校商業科
国公私立の別 公立学校
設置者 兵庫県の旗 兵庫県
設立年月日 1961年4月1日
(創立年は前身が開校した1911年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 商業科
情報科学科
高校コード 28189B
所在地 670-0983
兵庫県姫路市井ノ口468
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

兵庫県立姫路商業高等学校(ひょうごけんりつ ひめじしょうぎょうこうとうがっこう)は、兵庫県姫路市井ノ口にある公立商業高等学校。略称は「姫商」。[1]

設置学科[編集]

昭和58年の学科設置は「情報科学科」としては全国で最も早く、情報系の学科としてもかなり早い部類に入る。普通科目に加え商業科目、工業科目を学べる複合学科。

商業科目を中心に卒業生の教員が多く、姫商伝統の商業教育が培われている。

沿革[編集]

1911年に開校した前身の商業学校は、新制高校に移行1年後に「高校三原則」のもとで兵庫県立姫路東高等学校に合併し同校の商業科となった。その後、第一次ベビーブームに伴う普通科増員への対応ならびに県内で起こった中等教育の公立商業学校復活の動きへの対応で、前身創立から50年となる1961年に新たに同校が現在地に開校した。したがって、在校生の回生については「新制○回」と称して旧制ならびに1949年3月に卒業した(旧)姫路商業高等学校1回生と区別されており、創立記念日も前身ではなく同校の開校式が行われた6月20日であるが、創立年季は姫路における公立中等商業教育の流れとして前身の開校した1911年から起算している。

旧制姫路商業学校→(旧)姫路商業高等学校→姫路東高等学校商業科[編集]

  • 1911年
    • 1月23日 - 姫路市立姫路商業学校(乙種)設立認可。
    • 4月1日 - 姫路市北条口70番地に開校。
    • 5月10日 - 開校式。
  • 1914年8月5日 - 姫路市福沢町字辻本184番地に移転。
  • 1917年4月1日 - 甲種商業学校に昇格。
  • 1931年4月1日 - 兵庫県に移管し、兵庫県立姫路商業学校と改称。
  • 1948年4月1日 - 昭和22年、法律第26号により兵庫県立姫路商業高等学校と改称、姫路市立琴丘高等学校の校舎の一部に移転。
  • 1949年
    • 4月8日 - 併設中学校の第3学年は居住地の商業科のある高等学校の第1学年に入学。
    • 4月15日 - 兵庫県立姫路東高等学校へ合併、第2・3学年は同校第2・3学年となる。
以後は兵庫県立姫路東高等学校を参照のこと

兵庫県立姫路商業高等学校[編集]

生活綱領[編集]

  • 自分で考え自分で行う人となろう。
  • 創意工夫に生きる人となろう。
  • 共に喜び生きる人となろう。

クラブ活動[編集]

同校は商業教育の実績に加え、部活動が盛んである。特に運動部は、例年全国大会への出場実績を挙げ、姫路近郊に限らず県内各地から中学生が進学してきている。

運動部[編集]

文化部[編集]

著名な卒業生[編集]

全商検定[編集]

  • 全商簿記検定及び会計実務検定の兵庫県本部校である。兵庫県内の試験会場がわからない場合は、兵庫県本部校に電話すること。

脚注[編集]

  1. ^ 最寄りのバス停が現在の神姫バスに路線移管される前は姫路市営バスがバス停を「県商前」と称しており、姫路で「県商」と略して同校を指す場合もあるが、県内では県商は兵庫県立神戸商業高等学校を指すのが通例である。

関連項目[編集]