兵庫県道15号神戸三田線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
主要地方道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
兵庫県道15号標識
兵庫県道15号 神戸三田線
主要地方道 神戸三田線
制定年 1954年
起点 神戸市兵庫区西多聞通【地図
終点 三田市三輪【地図
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0428.svg 国道428号
阪神高速7号北神戸線
Japanese National Route Sign 0176.svg 国道176号
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

兵庫県道15号神戸三田線(ひょうごけんどう15ごう こうべさんだせん)は、兵庫県神戸市市街地と神戸市北部、三田市方面を結ぶ県道主要地方道)である。

概要[編集]

別名有馬街道とも呼ばれ、六甲山系の北側を南北に通っている。阪神高速7号北神戸線と併走している区間も多い。

谷上駅周辺は神戸電鉄有馬線の旧線をそのまま当県道に転用している。北神急行電鉄の開業の際に神戸電鉄谷上駅が東へ移転したのに伴うもので、旧県道はそのまま残っている。

路線データ[編集]

歴史[編集]

箕谷インターチェンジ付近
神戸市北区山田町下谷上字池ノ内で撮影
神戸市北区の谷上駅周辺のロードサイド店舗群
神戸市北区山田町下谷上字二ツ樋で撮影
単独区間の終点付近
神戸市北区道場町日下部で撮影
  • 1954年1月20日、主要地方道神戸三田線が認定。[要出典]
  • 1971年6月26日、現行県道番号制導入により兵庫県道15号神戸三田線に。[要出典]
  • 1981年4月30日、神戸市北区皆森交差点以南が国道428号重複区間になる(1982年4月1日施行)。[要出典]
  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、県道神戸三田線が神戸三田線として主要地方道に指定される[1]

路線状況[編集]

別名[編集]

有馬街道:皆森交差点 - 有馬口交差点

重複区間[編集]

  • 国道428号(兵庫県神戸市兵庫区・有馬道交差点 - 神戸市北区・皆森交差点)
  • 兵庫県道16号明石神戸宝塚線(神戸市北区若葉台・小部峠交差点 - 神戸市北区若葉台・北鈴入口交差点)
  • 兵庫県道506号市野瀬有馬線(神戸市北区有野町有野)
  • 兵庫県道38号三木三田線(神戸市北区道場町日下部・日下部西交差点 - 神戸市北区道場町塩田・日下部交差点)
  • 国道176号(神戸市北区道場町塩田・日下部交差点 - 神戸市北区道場町塩田・道場南交差点)
  • 国道176号(神戸市北区道場町塩田・塩田交差点 - 三田市三輪・三輪交差点)

地理[編集]

ほぼ全線にわたり、神戸電鉄有馬線三田線が並走しており、市街地もその駅を中心に作られている。

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線にある施設など[編集]

岡場駅周辺は、イオン藤原台店を中心にファミリーレストラン、自動車販売店、カー用品店などが集積している。商業地区はいかりスーパーマーケットなどのある田尾寺駅付近の有野インター交差点まで続く。他に、谷上駅周辺には、ホームセンターのコーナン大池駅の近くにはマックスバリュ阪神高速7号北神戸線箕谷出入口の近くにはスーパーマルハチがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目[編集]