具志頭制縛致死事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

具志頭制縛致死事件(ぐしちゃんせいばくちしじけん)は、1907年明治40年)5月18日に沖縄県島尻郡具志頭間切(現八重瀬町)で発生したリンチ殺人事件である。事件の発端は、1907年5月18日に具志頭間切の某村落で発生した盗難事件である。犯人を見つけるべく、村の掟である内法に基づく取調が開始された。

そんな杜撰な方法で、ある男性(50歳)が犯人とされた。

男性の惨殺後、村人たちは沖縄県警察部に「内法に基づく取り調べの結果、犯人が絶命した」と平然と届け出た。

参考資料[編集]

  • 沖縄県警察史編さん委員会編『沖縄県警察史 第1巻(明治・大正編)』1990年
  • 「歪んだ旧慣 - 制縛致死事件」、『沖縄 20世紀の光芒』琉球新報社より、p.59、2000年

関連項目[編集]