兼明親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
兼明親王
Prince Kaneakira cropped.png
続柄 醍醐天皇第十一皇子
称号 前中書王、御子左大臣
身位 親王
出生 延喜14年(914年
平安京
死去 永延元年9月26日987年10月21日
平安京
配偶者 伊勢守衆望の娘
子女 源伊陟、源伊行
父親 醍醐天皇
母親 藤原淑姫(藤原菅根の娘)
役職 一品中務
テンプレートを表示

兼明親王(かねあきらしんのう)は、平安時代中期の公卿皇族

醍醐天皇の第11皇子。朱雀天皇村上天皇源高明の異母兄弟にあたる。一時期臣籍降下して源 兼明(みなもと の かねあきら)と名乗ったが、晩年になって皇籍に復帰し中務卿となったことから中書王(ちゅうしょおう)あるいは前中書王(さきの ちゅうしょおう)と呼ばれる。「後中書王」と呼ばれた甥の具平親王と共に並び称される博学多才の主で、藤原佐理藤原行成と共に三蹟の一人に数えられる場合もある。

来歴[編集]

承平2年(932年)、源姓を賜り臣籍降下従四位上に初叙される。その後播磨権守右近衛中将・左近衛中将などを経て、天慶7年(944年)参議。その後も順調に累進し、権中納言、中納言、大納言を歴任して従二位に至る。天禄2年(971年)には左大臣となったが、貞元2年(977年)勅により57年ぶりに皇籍に入って親王に復し、名誉職の二品中務卿に転じる。寛和2年(986年)にはその中務卿も辞し、その後は嵯峨に隠棲した。

江談抄』『本朝文粋』に詩文を残す。『古今和歌六帖』の撰者と考えられている。

寛和2年(986年)、嵯峨野の亀山に山荘(雄倉殿)造営の際清泉が無いのを嘆き、亀山の神に祈って霊泉を得られたことが『本朝文粋』に記されている。後に亀山には後嵯峨上皇が仙洞亀山殿を造営した。

親王の別称に御子左大臣・御子左があるが、これは「醍醐天皇の皇子(御子)である左大臣」という意味。後世、親王の邸宅に藤原長家(御子左大納言)が住したため家号となり御子左家となった。

兼明が皇族に復帰させられたのは、藤原兼通兼家兄弟の争いに関係している。兼通は弟の兼家に一時期廟堂の席次を先んじられたことを深く恨みに思い、自らが関白内大臣になった際、兼家を大納言に据えおき、従兄弟にあたる藤原頼忠を相談相手とした。そして頼忠を左大臣に引き上げるため、当時その座にあった兼明がとばっちりを受けたのである。折しも円融天皇は異母兄・源昭平の皇籍復帰を願っていたことから、この2件を抱き合わせで行うことを条件にこの除目を認めたという。これに憤慨した兼明親王は、後に『本朝文粋』に収録された詩「菟裘賦」の中で、「君昏くして臣諛ふ」と円融天皇や兼通・頼忠を痛烈に非難している。

親王の歌[編集]

勅撰和歌集への入集は、後拾遺和歌集の1首のみ。

  • 七重八重花は咲けども山吹の実の一つだに無きぞかなしき(あやしき) (後拾遺1154)
太田道灌の雨具借りの故事に登場する古歌として知られる歌である。

官位歴[編集]

以下、公卿補任に拠る。

  • 承平2年
    • 正月7日(932年2月15日)- 従四位上
    • 11月(932年12月?日)- 昇殿(雑砲)
  • 承平3年正月12日(933年2月9日)- 播磨権守[1]
  • 天慶2年2月1日(939年2月22日)- 右近衛権中将
  • 天慶3年3月25日(940年5月5日)- 紀伊権守を兼ねる
  • 天慶5年3月9日(942年3月28日)- 左近衛権中将に転じる
  • 天慶7年4月9日(944年5月4日)- 参議を任ず、昇殿は元の如し
  • 天慶8年
    • 3月28日(945年5月12日)- 近江権守を兼ねる、参議は元の如し
    • 11月25日(946年1月1日)- 治部卿を兼ねる、参議と近江権守は元の如し
  • 天慶9年
    • 正月7日(946年2月11日)- 正四位下
    • 11月19日(946年12月15日)- 従三位(大嘗会悠紀)
  • 天暦3年
    • 近江権守を止む、参議と治部卿は元の如し
    • 9月(949年-月-日)-(母の卒去により)服務を解く
    • 12月(-年-月-日)- 復任
  • 天暦5年正月30日(951年3月10日)- 紀伊権守を兼ねる、参議と治部卿は元の如し
  • 天暦7年9月25日(953年11月4日)- 権中納言を任ず
  • 天暦9年
    • 2月17日(955年3月13日)- 昇殿を聴される
    • 7月24日(955年8月14日)- 中納言に転じる
  • 天暦10年正月7日(956年2月21日)- 正三位
  • 応和2年8月7日(962年9月8日)- 左兵衛督を兼ねる、中納言は元の如し
  • 康保4年
    • 正月20日(967年3月3日)- 権大納言に任ず
    • 10月11日(967年11月15日)- 従二位
    • 12月13日(968年1月15日)- 大納言に転じる
  • 安和2年
    • 正月27日(969年2月16日)- 侍従を兼ねる、大納言は元の如し
    • 3月26日(969年4月15日)- 兄大臣の事(安和の変)に依り上殿を下める
  • 天禄元年8月5日(970年9月8日- 皇太子傳を兼ねる、大納言は元の如し
  • 天禄2年
    • 11月2日(971年11月22日)- 左大臣に任ず
    • 11月8日(971年11月28日)- 皇太子傳は元の如し、蔵人別当と為す
    • 11月24日(971年12月14日)- 帯剣の勅旨を授る
  • 天延2年2月28日(974年3月24日)- 輦車を聴される
  • 貞元2年
    • 4月24日(977年5月14日) 親王と為す勅旨有り、即ちに二品に叙す
    • 12月10日(978年1月21日) 中務卿に任ず
  • 寛和2年正月25日(986年3月8日) 中務卿を辞す
  • 延元元年9月6日(987年10月1日) 薨去

血縁[編集]

系図[編集]

 
(60)醍醐天皇
 
(61)朱雀天皇
 
 
広平親王
 
 
 
 
 
 
 
(62)村上天皇
 
 
(63)冷泉天皇
 
(65)花山天皇
 
 
 
 
 
 
 
兼明親王
 
 
致平親王
 
 
(67)三条天皇
 
敦明親王(小一条院)
 
 
 
 
 
 
 
(源)高明
 
 
為平親王
 
 
禎子内親王
(後三条母、陽明門院)
 
 
 
 
 
(64)円融天皇
 
(66)一条天皇
 
(68)後一条天皇
 
 
 
 
 
 
昭平親王
 
 
(69)後朱雀天皇
 
(70)後冷泉天皇
 
 
 
 
 
 
具平親王
 
(源)師房
村上源氏へ〕
 
 
(71)後三条天皇
 
 
 
 
 


補注[編集]

  1. ^ 或いは播磨守
官職
先代:
藤原在衡 
左大臣
971 - 977
次代:
藤原頼忠
先代:
源重信
左兵衛督
962 - 967
次代:
源雅信