内モンゴル自治政府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
内モンゴル自治政府
内モンゴル人民共和国
東モンゴル自治政府
ホロンバイル自治省政府
1947年5月 - 1949年12月 中華人民共和国
内モンゴル自治政府の国旗 内モンゴル自治政府の国章
(国旗) (国章)
公用語 モンゴル語
首都 王爺廟
代表
1947年5月 - 1949年12月 ウランフ
変遷
成立 1947年5月
消滅1949年12月

内モンゴル自治政府(うちモンゴル-じちせいふ)は、中華人民共和国内モンゴル自治区にかつて存在した国共内戦期間の分離政権。中国共産党の傀儡政権であった。

1945年民国34年)8月、日本の敗戦に伴い内モンゴルでモンゴル人による民族自決の機運が高まり、内モンゴル人民共和国東モンゴル自治政府、フルンボイル自治省政府が成立し、モンゴル人民共和国への編入をも要求する政治運動が発生した。これに対し中国共産党はモンゴル人幹部であるウランフによる懐柔工作を行い、内モンゴル人民共和国を乗っ取って内モンゴル自治運動連合会に改組、さらに東モンゴル自治政府及びフルンボイル自治省政府を吸収し内モンゴルにおける共産党の地位を確立した。

中国共産党が内モンゴルをソ連やモンゴル人民共和国に譲渡しようとしているとする中国国民党の宣伝工作があったため、当初は「連合会」と称していたが、1946年(民国35年)10月に連合会の本部が設置されていた張家口市を共産党が実効支配すると、毛沢東は既定方針を転換しウランフに対し内モンゴルでの政府樹立を支持、1947年5月に王爺廟で内モンゴル自治政府を成立させた。同年にウランフは内モンゴル共産党工作委員会の書記に就任し、中華人民共和国建国の年である1949年に中国共産党中央内蒙古分局に改称されるまで中国共産党の実効支配であることを隠蔽した。

1949年10月に中華人民共和国が成立すると内モンゴルにおける傀儡政権の存在意義はなくなり、同年12月に内モンゴル自治区に改組され、ウランフが自治区主席に就任し政府は消滅した。

参考文献[編集]

  • ボルジギン フスレ 『中国共産党・国民党の対内モンゴル政策(1945〜1949年)』(風響社 2010年)
  • 内蒙古社会科学院歴史研究所編 『蒙古族通史』(民族出版社 2001年)