内井惣七

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

内井 惣七(うちい そうしち、1943年2月3日 - )は、日本の哲学者科学哲学)・科学史家である。京都大学名誉教授Ph.D.ミシガン大学、1971年)。香川県高松市生まれ。

業績[編集]

ラプラス「確率の哲学的試論」の翻訳は本文が162頁に対して、訳注が43頁、解説が69頁と文献に日本語の文献を掲載している。特に、解説では現代的な意味について丁寧に書いているため、確率論、統計学の本質を理解するのによい。解説の索引は本には掲載していないが、「内井惣七のホームページ」に掲載している。また各種資料も掲示している。

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『いかにして推理するかいかにして証明するか-論理パズルによる記号論理学入門』 ミネルヴァ書房、1981年。ISBN 978-4623013401。
  • 『うそとパラドックス-ゲーデル論理学への道』 講談社〈講談社現代新書〉、1987年。ISBN 978-4061488816。
  • 『自由の法則・利害の論理』 ミネルヴァ書房、1988年。ISBN 978-4623018161。
  • シャーロック・ホームズの推理学』 講談社〈講談社現代新書〉、1988年。ISBN 978-4061489226。
  • 『真理・証明・計算-論理と機械』 ミネルヴァ書房、1989年。ISBN 978-4623018840。
  • 『パズルとパラドックス』 講談社〈講談社現代新書〉、1989年。ISBN 978-4061489707。
  • 『推理と分析』 放送大学教育振興会〈放送大学教材〉、1992年。ISBN 978-4595213212。
  • 『科学哲学入門-科学の方法・科学の目的』 世界思想社〈SEKAISHISO SEMINAR〉、1995年。ISBN 978-4790705581。
  • 『進化論と倫理』 世界思想社〈SEKAISHISO SEMINAR〉、1996年。ISBN 978-4790706069。
  • 『科学の倫理学』 丸善〈現代社会の倫理を考える〉、2002年。ISBN 978-4621070543。
  • 『推理と論理-シャーロック・ホームズとルイス・キャロル』 ミネルヴァ書房、2004年。ISBN 978-4623039784。
  • アインシュタインの思考をたどる-時空の哲学入門』 ミネルヴァ書房、2004年。ISBN 978-4623042609。
  • 『空間の謎・時間の謎-宇宙の始まりに迫る物理学と哲学』 中央公論新社〈中公新書〉、2006年。ISBN 978-4121018298。
  • ダーウィンの思想-人間と動物のあいだ』 岩波書店〈岩波新書〉、2009年。ISBN 978-4004312024。
  • 『論理的思考のレッスン』 筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、2013年。ISBN 978-4480095497。
  • ライプニッツの情報物理学』 中央公論新社〈中公叢書〉、2016年

共著[編集]

  • 『論理学-モデル理論と歴史的背景』 ミネルヴァ書房、1976年。ISBN 978-4623010370。
  • 『科学と哲学-論理・物理・心・言語』 小林道夫編、昭和堂、1988年。ISBN 978-4812288122。

翻訳[編集]

  • カルナップ 『カルナップ哲学論集』 永井成男・内田種臣編、内田種巨・竹尾治一郎・永井成男訳、紀伊国屋書店、1977年、復刊版。ISBN 978-4314009423。
  • R. M. ヘア 『道徳的に考えること-レベル・方法・要点』 山内友三郎訳、勁草書房、1994年。ISBN 978-4326152926。
  • ラプラス 『確率の哲学的試論』 岩波書店〈岩波文庫〉、1997年。ISBN 978-4003392515。