内厩寮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

内厩寮(ないきゅうりょう)とは、律令制において奈良時代後期に設置された令外官の一つ。天平神護元年2月(766年)設置。

概要[編集]

宮廷の厩のことを司どり、頭(従五位上・助(正六位下)・大允(正七位下)・少允(従七位上)・大属(従八位上)・少属(従八位下)各1名よりなる[1]。これは左右馬寮の場合と全く同じである。

ただ官人の補任記事を読み解くと、宝亀年間から延暦年間まで「頭」は多くが近衛府中将(員外中将)・少将が兼任しており、その他のものも衛府の要職を経験しており、位階は官位相当を超えたものだったようである。恐らく近衛府・中衛府・外衛府の成立に応じて、内廷の武備をかため、儀容を整えるためのものであったようである。

職掌として、内廷の馬を扱うものだったようで、

  1. 『本朝事始』(『伊呂波字類抄』より)…宝亀6年正月7日(775年)の宴に青馬を進上した。
  2. 太政官符神護景雲2年正月28日(768年)格(三代格式弘仁3年12月8日(813年)太政官符より)…内厩寮解として信濃国牧主当伊那郡大領金刺舎人八麿の解。
  3. 九条本『延喜式』墨文書の宝亀4年2月25日(773年)太政官符案…摂津職から内厩寮あてに、調銭で交易された乾燥した土地1000囲が進上されている。
  4. 続日本紀』延暦元年7月(782年)…雷雨によって、内厩寮の馬2疋が落雷で死亡[2]

2より 、内厩寮が信濃国にを所有し、馬を貢上させていたことが分かり、これが勅旨牧につながっていると考えられている。 3より、相当数の馬中央で飼育されていたことがわかる。

内厩寮成立後も左右馬寮は存続するが、宝亀10年(779年)以降の任命記事(正月王(むつきおう)[3])はなくなり、天応元年(781年)からは主馬寮の記事がかわりに現れる(伊勢老人[4])。その後、内厩寮は『日本後紀』延暦25年正月(806年)の坂上石津麻呂が頭に[5]、主馬寮は4月の藤原山人が権助に任命された[6]のをもって現れなくなる。大同3年6月(808年)には左右馬頭として、藤原清主・坂上石津麻呂の任命記事があり[7]、この時にその役割を終え、主馬寮とともに再編されて、9世紀初めには廃止されたものと推定される、と亀田隆之は述べている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『続日本紀』巻第二十六、称徳天皇 天平神護元年2月3日条
  2. ^ 『続日本紀』巻第三十七、今皇帝 桓武天皇 延暦元年7月3日条
  3. ^ 『続日本紀』巻第三十五、光仁天皇 宝亀10年9月4日条
  4. ^ 『続日本紀』巻第三十六、光仁天皇 天応元年5月7日条
  5. ^ 『日本後紀』巻第十三、桓武天皇 延暦25年正月28日条
  6. ^ 『日本後紀』巻第十三、桓武天皇 延暦25年4月28日条
  7. ^ 『日本後紀』巻第十七、平城天皇 大同3年6月9日条

参考文献[編集]

関連項目[編集]