内垣啓一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

内垣 啓一(うちがき けいいち、1925年12月20日 - 1989年8月17日)は、ドイツ文学者、東京大学名誉教授。

島根県出身。京都第一中学校第一高等学校を経て、1950年京都大学卒。ドイツ文学専攻。1951年に東京大学教養学部助手となり、以後ドイツ文学、ドイツ演劇、比較文学、比較演劇の講師、助教授、教授を務め、1986年定年退官。1960年代から劇団新人会などに所属、演劇誌にもしばしば執筆するほか舞台・オペラ演出も行った。1970年代には『悲劇喜劇』で早野寿郎と対談演劇時評を行った。

著書[編集]

  • 音楽の都ウィーン 講談社 1968
  • 例外と原則 朝日出版社、1992

共編著[編集]

  • ワーグナー変猊 遠山一行共編 白水社 1967
  • 男装と女装について 東京大学公開講座 男と女 林健太郎[ほか]著 東京大学出版会 1974

翻訳[編集]

その他[編集]

オペラ演出[編集]