内大臣森林鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

内大臣森林鉄道(ないだいじんしんりんてつどう)とは、林野庁熊本営林局矢部営林署が国有林運搬のために熊本県上益城郡甲佐町甲佐駅から熊本県下益城郡砥用町(現:美里町)を経て上益城郡矢部町(現:山都町)の貯木場までを結んでいた森林鉄道である。1967年廃止された。使用されたディーゼル機関車監物台樹木園に保存されている。

路線データ[編集]

歴史[編集]

監物台樹木園に保存されている4.8tディーゼル機関車
  • 1915年大正4年):本線21.3キロ、小松谷支線0.4キロ開業。
  • 1924年(大正13年):アメリカ製ガソリン気動車を導入。
  • 1926年(大正15年):鴨猪谷支線14.8キロが開業。
  • 1937年昭和12年):5.5t蒸気機関車を導入。
  • 1950年(昭和25年):北谷内支線1.2キロが開業。
  • 1962年(昭和37年):軌道廃止。
    • 使用されたディーゼル機関車(土佐造船1961年製)[2]が熊本市二の丸の監物台樹木園に保存されている。ホイールベースは88.144cm。

脚注[編集]

  1. ^ 浜町営林署昭和31年度統計
  2. ^ 岩堀春夫「専用線の機関車」『鉄道ファン』No.322

参考文献[編集]