内家拳法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

内家拳法(ないかけんぽう)は、太極拳の創始者であるといわれる張三豊を始祖とする拳法。

内家拳法と太極拳、紀効新書の拳経との関係を考察する研究がある[1]

概要[編集]

内家拳法の技術的な詳細は、黄宗羲の子息である黄百家が著した「内家拳法」[2]に記載されている。黄宗羲が記した王征南墓志銘には、北宗代に張三豊が内家拳法を創始し、王征南はその使い手であると記されており、黄百家は王征南の弟子である。

また、映画《太极张三丰》において、張三豊の拳法を太極拳法という名称で、ジェット・リーが再現して表演している[3]

内家拳法は太極拳法という名称でもある可能性が高く、太極拳法で残存しているものの1つとして、楊露禅に伝わった楊氏太極拳法などがあるとする説もある[4]

太極拳形意拳八卦掌などの中国拳法を総称して内家拳と呼ぶが、内家拳法は中国拳法の一つであり、同じものではない。

内家拳法の技法[編集]

技法は、「手法」、「歩法」、「技法」、「套路」および「経穴」に関する重要な規定がある。その技術的内容は以上の五つの要素から構成されている。経穴は死穴・唖穴・暈穴・咳穴・膀胱・蝦蟆・猿跳・曲池・鎮喉・解頭・合谷内関三里の穴位を攻めるとされている。

歩法は斫や削などといった手の動作を示す「手法三十五」と、碾歩や坐馬歩といった足 の動きを表す「歩法十八」がある。現在の太極拳と共通するものとして、歩法では、「碾歩、冲歩、撒歩、曲歩、蹋歩、斂歩、坐馬歩、釣馬歩、翻身歩、追步、逼歩、斜歩、絞花歩」、手法では「斫 、削、磕、靠、抹、敲、揺、擺、撒、挑、綰、衝、鈎、拈、起、倒、圧、発、挿、釣」などがある。

技術には長拳、迎風鉄扇、舜子投井、猿猴献果、兌換抱月、滿肚疼、金剛跌、燕抬腮、滾斫、分心十字、擺肘逼門、棄物投先、推肘捕陰、彎心杵肋、綰肘裏靠、仙人昭掌、彎弓大步、剪腕点節、紅霞貫日、烏雲掩月、左右揚鞭、連枝剪、双推窗、虎抱頭、鉄門閂、柳穿魚、一提金、双架筆、順牽羊、乱 抽麻、四把腰などの独立した招式がある。

套路には六路として、祐神通臂為最高、斗門深鎖転英豪、仙人立起朝天勢、撒出抱月不相饒、揚鞭左右人難及、煞鎚衝擄兩翅搖、十段錦として立起座山虎勢、迴身急步三追、架起双刀斂步、滾斫進退三迴、分身十字急三追、架刀斫帰営寨、紐拳碾步勢如初、滾斫退帰原路、入步韜随前進、滾斫歸初飛步、金鶏独立緊攀弓、坐馬四平兩顧がある[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]「博士論文・養生武術の形成過程に関する研究/119頁〜131頁・第二項 内家拳法の技法と「拳経」及び太極拳との関係から」屈国鋒(筑波大学人間総合科学研究科)、唐豪「少林武当考 太極拳与内家拳 内家拳」山西科学技術 2008年、林伯原「中国武術史 ― 先史時代から十九世紀中期まで ―」技藝社 2015年、笠尾恭二「中国武術史大観」福昌堂 1994年
  2. ^ 『昭代叢書・内家拳法』上海古籍出版社,1990.(清代,張潮,黄百家他編)
  3. ^ [2]中文百科・互动百科/《太极张三丰》 - 影片概述の項
  4. ^ 「李雅軒楊氏太極拳法精解」陳龍驤 李敏弟 ISBN 978-7536462663 105頁
  5. ^ [3]「《内家拳法》」黄百家