内山まもる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

内山 まもる(うちやま まもる、1949年1月16日[1] - 2011年12月1日)は、日本漫画家。男性。茨城県鹿島郡(現在は合併により鉾田市)出身[1]。本名は内山守[1]。趣味はゴルフ釣りオートバイカメラアウトドア

代表作に『ザ・ウルトラマン』、『リトル巨人くん』など。

略歴[編集]

農家の長男で跡継ぎを期待されていたこともあり、漫画家になるつもりはなかった[2]。だが中学卒業時に自分の漫画を姉が勝手にタツノコプロへ応募したのがきっかけで採用、2年間という約束で親に許しをもらい、タツノコに入社する[2]。タツノコではアニメ部門に配属され、当時の九里一平(第3代社長)のもとで作画スタッフとして2年間働く。

在籍中に『希望の友』を出版していた潮出版社から、漫画を描かないかと誘われる[2]。タツノコはアルバイト禁止だったため迷うも、知人女性の「やるべき」との助言により、内緒でタツノコのメンバーに手伝ってもらいながら32ページ描き上げ、『希望の友』誌に発表した『チェ・ゲバラ』で1968年にデビューする[2]。その後小学館より誘いがあり『ジャンボーグA』の連載を開始。これが漫画家としてのデビューであると本人は語っている[2]

その後小学館より再度誘いがあり「ウルトラマンを描かないか」と言われる。タツノコのライバルである円谷プロの作品だったこともあり、連載と同時にタツノコを退社、独立。このとき20歳。約束の2年間を過ぎたので親が連れ戻しに来たが、結局そのまま東京に残ったという[2]

小学館の学年別学習雑誌などで『帰ってきたウルトラマン』『ウルトラマンA』『ウルトラマンタロウ』『ウルトラマンレオ』などを描き、『ウルトラマンレオ』終了後の1975年、『小学三年生』4月号から「さよならウルトラ兄弟」を連載開始[2]。この作品はのちに『ザ・ウルトラマン』と改題されて『コロコロコミック』に再掲載され、第三次ウルトラブームの一翼を担うことになり、内山も一気にブレイクする[2]

ウルトラマン連載後は「人間を描きたい」との思いから、1976年から『コロコロコミック』でプロ野球漫画「リトル巨人くん」の連載を開始、これも単行本15巻を数えるヒット作となる[2]。他にも1979年から『週刊少年サンデー』に連載した「番外甲子園」や『冒険王』連載の「ひょうたん」、「燃えよ甲子園!鷲と鷹」といった野球漫画を描いている。

1983年頃からは『漫画アクション』に発表した野球漫画『いごっそう甲子園』などで青年誌に進出。作家の高橋三千綱とは『こんな女と暮らしてみたい』『風と剣』『おれは女が嫌いだ』『プロゴルファー』などのコンビ作がある。以後も、ゴルフ漫画等を多く連載。

2007年から2010年まで、『てれびくん』誌上にて新作ウルトラマン漫画を連載。2009年12月12日公開の映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』には光の国の住人役としてゲスト出演した。

晩年は『デッドにピンを!』(『GOLFコミック』)や『元祖江戸前 寿し屋與兵衛』(『週刊大衆』)などを連載していたが、2011年12月1日朝に自宅で62歳で死去した[3][4]

作品リスト[編集]

ウルトラシリーズの漫画化作品[編集]

  • 帰ってきたウルトラマン
    • 小学二年生』連載版 1971年5月号 - 1972年4月号
    • 決戦ウルトラ兄弟対11大怪獣 『小学二年生』9月増刊号(1971年)
  • ウルトラマンA
    • 『小学二年生』連載版 1972年5月号 - 1973年3月号
    • ウルトラマンA〜ウルトラ5兄弟対ヤプール人〜 『小学二年生』9月増刊号(1972年)
    • ウルトラマンA〜怪獣墓場の決闘〜 『小学二年生』1月増刊号(1973年)
  • ウルトラマンタロウ
    • 『小学二年生』連載版 1973年4月号 - 1974年3月号
    • 小学五年生』連載版 1973年4月号 - 1974年3月号
    • かがやけウルトラの星 『小学二年生』9月増刊号(1973年)
    • 本編第25話『燃えろ! ウルトラ6兄弟』 挿画
  • ウルトラマンレオ
    • 『小学二年生』連載版 1974年4月号 - 1975年3月号
    • 小学三年生』連載版 1974年4月号 - 1975年3月号
  • ザ・ウルトラマンシリーズ
    • さよならウルトラ兄弟3部作 『小学三年生』1975年4月号 - 1976年3月号
      • 第一部 さよならウルトラ兄弟 1975年4月号 - 8月号
      • 第二部 たたかえ!ウルトラ戦士 1975年9月号 - 12月号
      • 第三部 復活!ウルトラ兄弟 1976年1月号 - 3月号
    • ザ・ウルトラマン (若きファイタスの挑戦)『コロコロコミック』特別増刊号(1978年)
    • 突撃!ウルトラ兄弟 『小学三年生』1978年10月号 - 同年11月号(同年『コロコロコミック』にて「ザ・ウルトラマン」のタイトルで再録)
    • 飛べ!ウルトラ戦士 『小学三年生』1979年4月号 - 同年12月号
  • アンドロメロス
    • ウルトラ戦士銀河大戦争 『小学三年生』 1981年6月号 - 1982年3月号
  • ウルトラマンティガ
    • ウルトラマンティガ〜いざ鎌倉〜 『宇宙船』VOL.81(1997年)
  • ウルトラマンメビウス
    • ザ・ウルトラマンメビウス 「ウルトラマンメビウス」DVD同梱作品解説書(挿絵担当。2006年)
    • ザ・ウルトラマンヒカリ 「ウルトラマンメビウス外伝 ヒカリサーガ」DVD同梱作品解説書(挿絵担当。2007年)
    • ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟 「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟超全集」(2006年)
    • ウルトラマンメビウス外伝 超銀河大戦 戦え!ウルトラ兄弟 『てれびくん』2007年6月号 - 2008年2月号
    • ウルトラマンメビウス外伝 超銀河大戦 巨大要塞を撃破せよ!! 『コロコロイチバン!』2007年14号(前編)、15号(後編)
    • ウルトラマンメビウス外伝 アーマードダークネス ジャッカル軍団大逆襲!! 『てれびくん』 2008年3月号 - 2009年3月号(ただし、2008年10月号は休載)。
    • ウルトラマンメビウス外伝 ゴーストリバース ウルトラ兄弟VS暗黒大軍団 『てれびくん』 2009年4月号 - 2009年12月号
  • 大決戦!超ウルトラ8兄弟
    • 大決戦!超ウルトラ8兄弟 『てれびくん』 2008年10月号
  • 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE
    • 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE 『てれびくん』 2010年1月号 - 2010年3月号
    • 戦え!ウルトラ戦士 出撃!宇宙警備隊 『てれびくん』 2010年4月号

ウルトラシリーズ以外のテレビ番組の漫画化作品[編集]

オリジナル作品[編集]

  • チェ・ゲバラ希望の友』1968年(デビュー作)
  • サブととうちゃん『小学三年生』1973年4月号-7月号
  • リトル巨人くんコロコロコミック』、『小学二年生』1977年2月号-3月号、1978年2月号-3月号、1979年2月号-3月号、1980年2月号-3月号、1984年2月号-1986年3月号、『小学三年生』1977年4月号-1986年3月号、『小学四年生』1978年4月号-1978年8月号、1984年2月号-1986年3月号、『小学五年生』1985年4月号-1986年3月号
  • チャンスだ!ゲンちゃん『小学三年生』1976年11月号-1977年3月号
  • どんがら先生 『小学三年生』1986年4月号-1987年3月号
  • 野球ムサシ『コロコロコミック』
  • 燃えろ!クロパン『コロコロコミック』
  • ひょうたん 『冒険王』1974年8月号-1979年7月号
  • 仮面社員ヨシツネ『週刊現代

原作つき作品[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c まんがseek・日外アソシエーツ共著『漫画家人名事典』日外アソシエーツ、2003年2月25日初版発行、ISBN 4-8169-1760-8、63頁
  2. ^ a b c d e f g h i 内山まもる先生インタビュー”. 日本漫画学院 (2006年5月). 2010年5月5日閲覧。
  3. ^ “コミックナタリー - ザ・ウルトラマン、リトル巨人くんの内山まもるが逝去”. コミックナタリー. (2011年12月1日). http://natalie.mu/comic/news/60547 2011年12月2日閲覧。 
  4. ^ “「ザ・ウルトラマン」内山まもるさん死去”. 読売新聞. (2011年12月1日). http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20111201-OYT1T01285.htm 2011年12月1日閲覧。 
  5. ^ 「『元祖江戸前 寿し屋與兵衛』連載の 内山まもる氏 急逝」 『週刊大衆』 2011年12月19日号 37頁。2011年12月5日閲覧。 - なお同記事中に、週刊大衆編集部の名で「このたびの突然の訃報で、本誌(註:2011年12月19日号)157ページに掲載された『元祖江戸前 寿し屋與兵衛』214話が、内山先生の最後の作品となってしまい、今後、作品の続きを掲載することができないことを、読者のみなさまにご報告するとともに、内山先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。」とある。