内山田洋とクール・ファイブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
内山田洋とクール・ファイブ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル 歌謡曲ムード歌謡
活動期間 1967年-
事務所 有限会社前川企画他
メンバー 前川清(ボーカル)
宮本悦朗(ピアノ・キーボード)
小林正樹(ベース)
岩城茂美(サックス・フルート)
森本繁(ドラム)
旧メンバー 内山田洋(ギター)
宮内タカユキ(ボーカル)
なかえいじ(ボーカル)
大沢允
西田涼馬
山上哲也
帆足新一(付き人)

内山田洋とクール・ファイブ(うちやまだひろしとクール・ファイブ )は、内山田洋率いる歌謡グループ。メインボーカルは前川清

オリジナルメンバー[編集]

  • 内山田洋(うちやまだひろし、1936年6月6日 - 2006年11月3日)、ギター担当
  • 前川清(まえかわきよし、1948年8月19日 - )、ボーカル担当
  • 宮本悦朗(みやもとえつろう、1948年1月15日 - )、ピアノ・キーボード担当
  • 小林正樹(こばやしまさき、1943年1月1日 - )、ベース担当
  • 岩城茂美(いわきしげみ、1942年1月5日 - )、サックス・フルート担当
  • 森本繁(もりもとしげる、1942年10月23日 - )、ドラム担当

オリジナルメンバーは全員九州出身。

元々ジャズラテンなど幅広いレパートリーを持つバンドであり、テレビで演奏する機会は少なかったもののコンサートでは各自のパートの楽器で独奏するコーナーが必ず存在していた。

ボーヤを務めていた帆足新一は、後のゆーとぴあ・ピースである。また、ボーヤであった沼尾健司(通称“ケン”)は『スター誕生!』(NTV系)第1回チャンピオンに輝くも、決勝大会を断念した。

略歴[編集]

  • 1967年9月 長崎市内のグランドキャバレー『銀馬車』の専属バンドとして結成。競合店『十二番館』の専属バンドは中井昭・高橋勝とコロラティーノで、『思案橋ブルース』で1年早く世に出た。
  • 1968年 佐世保ナイトクラブ歌手として頭角を現わしていた前川が、メインボーカルとして参加。自主制作した『涙こがした恋』や『西海ブルース』が地元民放ラジオや有線放送で評判となる。
  • 1969年2月 『長崎は今日も雨だった』でメジャーデビュー。当時のメンバーは内山田、岩城、小林、森本、宮本、前川。
    • 当初メジャーデビュー曲には『西海ブルース』が予定されていたが、プレス直前に作詞・作曲者の尾形義康が翻意し破談になったため、『銀馬車』のマネージャーだった吉田孝穂(筆名:永田貴子)が、自ら急造した詞を北海道放送のディレクターだった新居一芳(筆名:彩木雅夫)に手渡して完成した。
    • この『西海ブルース』は、クール・ファイブが大御所に成長した1977年、歌詞を吉田が補作した上で改めて吹き込まれている。
  • 1969年12月 第11回日本レコード大賞新人賞受賞。第20回NHK紅白歌合戦に初出場。
  • 1975年4月 フジテレビ系『欽ちゃんのドンとやってみよう!』に、“コント54号”のひとりとして起用された前川とともに全員がレギュラー出演。持ち歌を歌うコーナーを持っていたほか、萩本欽一らとのやり取りで各メンバーのコミカルな面や個人名が知られるようになり、広くお茶の間に親しまれた。
  • 1987年 本来ポップス指向が強く演歌嫌いを公言していた前川が、自然気胸を患ったのを期に脱退。低迷状態に陥る。
  • 1992年 大幅なメンバーチェンジ。宮本と小林が脱退し、大沢允、西田涼馬、山上哲也が加入。『仮面ライダーBLACK RX』などのテレビ特撮物の主題歌で知られる宮内タカユキも短期間在籍した。
  • 1996年 宮本悦朗が新進党公認で千葉7区から衆議院選挙に出馬。53,484票を獲得するが次点で落選。
  • 2006年11月3日 内山田が肺がんのため横浜市内の病院で死去。享年70。同年大晦日の第57回NHK紅白歌合戦では、前川のサポートでオリジナルメンバー(宮本、小林、岩城、森本)が集結し、クール・ファイブが一夜限り(前川談)の“再結成”を果たした。
    • しかしこの再結成が好評だったことから、その後も前川清&クール・ファイブ名義でグループ活動を事実上再開。シングル『恋唄-2007-』を新たに吹き込み2007年7月1日に発売、同年9月には北海道でコンサートツアーを行った。同曲発売以後は『NHK歌謡コンサート』などのテレビ番組や、前川と梅沢富美男の共演にゲスト出演するなど、積極的に活動している。
    • 活動再開に当り『恋唄』を選んだ理由は、2007年ヴィクトリアマイルJpnI)優勝馬で、同年JRA賞最優秀4歳以上牝馬を獲得した前川の愛馬コイウタに因む。「馬だけではなく、歌も知って欲しい」(前川談)。
  • 2015年 前川清&クールファイブとして、アイリスオーヤマの低温製法シリーズ(お米、餅)のテレビCMに出演。

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

  • 紅白歌合戦にはクール・ファイブとして11回出場。その後、前川がソロとして18回出場を果たしている。
  • 前川清のソロとしての出場については、前川清#NHK紅白歌合戦出場歴を参照。
年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
1969年(昭和44年)/第20回 長崎は今日も雨だった[注 1] 19/23 ピンキーとキラーズ メンバー各々が楽器を演奏しながらの初出場
1970年(昭和45年)/第21回 2 噂の女 14/24 森山良子
1971年(昭和46年)/第22回 - (港の別れ唄) -/25 - 前川清急病のため紅組歌手・藤圭子(当時の前川の妻)と他メンバーが歌唱したため正式な出場回数に含まれず
1974年(昭和49年)/第25回 3 海鳴り 18/25 天地真理
1975年(昭和50年)/第26回 4 中の島ブルース 12/24 青江三奈(1)
1976年(昭和51年)/第27回 5 東京砂漠[注 2] 06/24 佐良直美
1977年(昭和52年)/第28回 6 思い切り橋 17/24 青江三奈(2)
1978年(昭和53年)/第29回 7 さようならの彼方へ 15/24 太田裕美
1979年(昭和54年)/第30回 8 昔があるから 19/23 石川さゆり
1980年(昭和55年)/第31回 9 魅惑・シェイプアップ 10/23 小柳ルミ子 初出場以来2度目の楽器演奏しながらの登場
1981年(昭和56年)/第32回 10 女・こぬか雨 19/22 小林幸子
1982年(昭和57年)/第33回 11 噂の女(2回目) 16/22 川中美幸 名曲紅白のため2回目の歌唱
2006年(平成18年)/第57回 - 長崎は今日も雨だった 12/27 森昌子 内山田洋を追悼する意味で、一夜限りの再結成。前川のサポートの形である為正式な出場回数に含まれず
2007年(平成19年)/第58回 - そして、神戸 08/27 水森かおり 前年のメンバーにお笑い芸人のムーディ勝山を加えて登場。同じ理由で正式な出場回数に含まれず
2008年(平成20年)/第59回 - 東京砂漠 08/27 川中美幸 同じく正式な出場回数に含まれず
  1. ^ 「長崎は今日も雨だった」は、前川のソロとしての出場時と通算して合計3回歌唱されている。
  2. ^ 「東京砂漠」は、前川のソロとしての出場時と通算して合計4回歌唱されている。

(注意点)

  • 対戦相手の歌手名の( )内の数字は、その歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にある( )はトリ等を務めた回数を表す。
  • 曲名の後の(○回目)は、紅白で披露された回数を表す。
  • 出演順は「(出演順) / (出場者数)」で表す。

音楽[編集]

シングル[編集]

# 発売日 A面
B面
タイトル 作詞 作曲 編曲 オリコン
最高位
1960年代
1 1969年
2月1日
A
長崎は今日も雨だった 永田貴子 彩木雅夫 森岡賢一郎 2位
B
涙こがした恋 中山淳太郎
村上千秋
城美好
2 1969年
7月5日
A
わかれ雨 鳥井実 彩木雅夫 森岡賢一郎 32位
B
不知火の女 新野新
村上千秋
城美好
3 1969年
12月5日
A
逢わずに愛して 川内康範 彩木雅夫 森岡賢一郎 1位
B
捨ててやりたい 城美好
1970年代
4 1970年
4月5日
A
愛の旅路を 山口あかり 藤本卓也 森岡賢一郎 4位
B
夜毎の誘惑 城美好
5 1970年
7月5日
A
噂の女 山口洋子 猪俣公章 2位
B
だまって行かないで 内山田洋 森岡賢一郎
6 1970年
10月5日
A
愛のいたずら 安井かずみ 彩木雅夫 森岡賢一郎 10位
B
恋は終ったの やまべはじめ 城美好
7 1971年
1月10日
A
すべてを愛して 川内康範 鈴木淳 森岡賢一郎 24位
B
愛のぬくもり 内山田洋
8 1971年
2月25日
A
女の意地[1] 鈴木道明 森岡賢一郎 43位
B
京都の夜[2] 秋田圭 中島安敏
9 1971年
4月5日
A
女のくやしさ 鳥井実 猪俣公章 森岡賢一郎 26位
B
夢を捨てた女 有馬三恵子 内山田洋
10 1971年
7月25日
A
港の別れ唄 有馬三恵子 内山田洋 馬飼野俊一 11位
B
傷だらけの恋
11 1971年
11月25日
A
悲恋 川内康範 中村泰士 森岡賢一郎 22位
B
罪なひと
12 1972年
3月15日
A
この愛に生きて 阿久悠 彩木雅夫 馬飼野俊一 7位
B
霧の中のあなた
13 1972年
7月25日
A
恋唄[3] 阿久悠 鈴木邦彦 14位
B
暗くなるまでこの涙
14 1972年
11月25日
A
そして、神戸 千家和也 浜圭介 森岡賢一郎 6位
B
君を恋うる唄 曽根幸明
15 1973年
2月25日
A
男泣き 千家和也 猪俣公章 森岡賢一郎 14位
B
波止場の女 有馬三恵子 宮本悦朗 高田弘
16 1973年
5月25日
A
出船 千家和也 浜圭介 森岡賢一郎 15位
B
熱愛
17 1973年
9月15日
A
海鳥の鳴く日に 有馬三恵子 森田公一 馬飼野俊一 24位
B
別れ台詞 千家和也 前川清
18 1973年
10月25日
A
イエスタデイ・ワンス・モア[4] 山上路夫 J.Bettis
R.Carpenter
横内章次 -
B
夏の挽歌 阿久悠 鈴木邦彦
19 1973年
12月5日
A
心がわり 神坂薫 猪俣公章 池多孝春 32位
B
涙も枯れながら 有馬三恵子 岩城茂美 小谷充
20 1974年
5月15日
A
雨のしのび逢い 石坂まさを 鈴木邦彦 森岡賢一郎 41位
B
星影の詩 阿久悠 中村泰士 竹村次郎
21 1974年
8月15日
A
晩夏 山口洋子 野々卓也 小杉仁三 64位
B
悲恋長崎 阿久悠 内山田洋 森岡賢一郎
22 1974年
9月15日
A
海鳴り[5] 千家和也 劉家昌 あかのたちお 45位
B
白い花
23 1975年
2月5日
A
うわさ 阿久悠 浜圭介 森岡賢一郎 41位
B
走り書き
24 1975年
4月25日
A
北ホテル 夢野めぐる 猪俣公章 小杉仁三 31位
B
海峡 福田一三 中村泰士 あかのたちお
25 1975年
7月25日
A
中の島ブルース[6] 斎藤保 吉田佐 森岡賢一郎 9位
B
命燃やして 千家和也 劉家昌
26 1975年
12月5日
A
二人の御堂筋 石原信一 中村泰士 あかのたちお 44位
B
再会 阿久悠 猪俣公章 小杉仁三
27 1976年
2月5日
A
気まぐれ雨 斎藤保 吉田佐 森岡賢一郎 40位
B
ためいきの季節 小谷夏 前川清 あかのたちお
28 1976年
5月10日
A
東京砂漠[7] 吉田旺 内山田洋 森岡賢一郎 19位
B
十和田慕情 川口文 岩城茂美 あかのたちお
29 1976年
10月5日
A
女の河 川内康範 曽根幸明 あかのたちお 53位
B
これが運命
30 1977年
2月5日
A
西海ブルース 永田貴子 尾形よしやす 森岡賢一郎 20位
B
雪降る町で 山口あかり 劉家昌 横内章次
31 1977年
5月25日
A
二人の海峡[8] 五木寛之 内山田洋 横内章次 57位
B
ためらい 石原信一 あかのたちお
32 1977年
8月25日
A
思い切り橋 山田孝雄 浜圭介 竜崎孝路 45位
B
わかれ前夜 吉田旺 穂口雄右
33 1977年
12月5日
A
港の別れ草 山田孝雄 浜圭介 若草恵 76位
B
むろふしチコ 倉光薫
34 1978年
3月5日
A
愛の扉 猪俣公章 馬飼野俊一 91位
B
流れの女 石原信一 あかのたちお
35 1978年
5月25日
A
さようならの彼方へ 千家和也 筒美京平 高田弘 56位
B
涙はやめて
36 1978年
12月20日
A
昔があるから 杉紀彦 曽根幸明 森岡賢一郎 91位
B
少年 兼松正人 前川清
37 1979年
6月5日
A
あきらめワルツ ゆいまさお
千家和也
内山田洋 宮本悦朗 83位
B
あきらめワルツ
(カラオケ)
-
38 1979年
12月16日
A
ひとりしずか 藤田まさと 浜圭介 若草恵 -
B
凩の女
1980年代
39 1980年
3月21日
A
Last Song 伊達歩 都倉俊一 87位
B
星が見えない
40 1980年
9月25日
A
魅惑・シェイプアップ[9] 奈良橋陽子
伊藤アキラ
タケカワユキヒデ 梅垣達志 93位
B
ゆれて望郷 ちあき哲也 穂口雄右 船山基紀
41 1981年
3月5日
A
恋は終ったの[10] チャーリー石黒 羽田健太郎 -
B
めぐりあう日は恋人 伊藤アキラ 梅垣達志
42 1981年
8月5日
A
女・こぬか雨 たきのえいじ 若草恵 -
B
流されて港町
43 1982年
2月21日
A
夢酒場 荒木とよひさ 鈴木邦彦 森岡賢一郎 -
B
酔い話 千家和也 岩城茂美 竜崎孝路
44 1982年
6月21日
A
おんなの愛はブルース 杉紀彦 彩木雅夫 森岡賢一郎 -
B
北の街にて
45 1982年
8月5日
A
新潟の女 たきのえいじ 内山田洋 萩原秀樹 -
B
夜霧は愛の匂い 杉紀彦 あかのたちお
46 1983年
6月21日
A
夏の花よ 阿久悠 三木たかし 竜崎孝路 -
B
愛した女がいい女 後藤次利
47 1983年
11月1日
A
酒場の花 山上路夫 森田公一 竜崎孝路 -
B
枯葉小僧の子守唄 藤田まさと 内山田洋 あかのたちお
48 1983年
12月1日
A
追憶[11] 原真弓 A.Manzanero 横内章次 -
B
愛・トリステ 有川正沙子 O.Brito 市川秀男
49 1984年
8月21日
A
恋さぐり 夢さぐり[12] 嶺岸未来 N.Sedaka 森岡賢一郎 58位
B
流されて 内山田洋
50 1985年
6月5日
A
夢待ち人[13] 嶺岸未来 M.Mysels
I.Kosloff
森岡賢一郎 -
B
危険な女[14] F.Wise
B.Weisman
51 1985年
11月21日
- 枯葉小僧の子守唄[15] 藤田まさと 内山田洋 あかのたちお -

アルバム[編集]

  1. 内山田洋とクール・ファイブ(1969年) - 30万枚以上のセールス
  2. 夜のバラード(1970年)
  3. 内山田洋とクール・ファイブ 第2集(1970年)
  4. クール・ファイブ・オン・ステージ(1970年)
  5. 影を慕いて(1971年)
  6. 赤と黒のブルース(1971年)
  7. 内山田洋とクール・ファイブ 第3集 港の別れ唄(1971年)
  8. 長崎詩情(1972年)
  9. 内山田洋とクール・ファイブ 第4集(1972年)
  10. 内山田洋とクール・ファイブ 第5集(1973年)
  11. 内山田洋とクール・ファイブ リサイタル(1973年)
  12. 出船/そして、神戸(1973年)
  13. 内山田洋とクール・ファイブ 第6集(1973年)
  14. ヨーロッパ・ラブ・サウンズ(1974年)
  15. 心がわり/クール・ファイブ女心を唄う(1974年)
  16. 雨のしのび逢い(1974年)
  17. 海鳴り(1974年)
  18. ビッグ・ヒットを唄う(1975年)
  19. 内山田洋とクール・ファイブ 第7集(1975年)
  20. 昭和の歌謡50年史(1975年)
  21. 歌謡グランプリ'75(1975年)
  22. 内山田洋とクール・ファイブ 第8集 すばらしき仲間たち(1976年)
  23. ふれあいの時(1976年)
  24. ビッグ・ショー〜1976.7.4 NHKホールにおける実況中継(1976年)
  25. 内山田洋とクール・ファイブ・ショー(1977年)
  26. 君恋し(1977年)
  27. 裏町人生(1977年)
  28. 別れの一本杉(1977年)
  29. 君といつまでも(1977年)
  30. 内山田洋とクール・ファイブ 第9集(1977年)
  31. 中の島ブルース/西海ブルース〜演歌の旅路〜(1977年)
  32. 内山田洋とクール・ファイブ 第10集(1977年)
  33. 不滅の演歌(1978年)
  34. 熱唱(1978年)
  35. 港の忘れ草/二人の海峡(1978年)
  36. 内山田洋とクール・ファイブ 第11集(1978年)
  37. ビッグ・ショー〜1978.4.2 福岡市民会館大ホールにおける実況中継(1978年)
  38. 12色の水彩画(1978年)
  39. 内山田洋とクール・ファイブ・リサイタル 熱唱!限りなき前進(1979年)
  40. 内山田洋とクール・ファイブ 第12集(1979年)
  41. 俺たちの歳月(1979年)
  42. 明日への招待 LIVE'80(1980年)
  43. 魅惑・シェイプアップ 内山田洋とクール・ファイブ 第13集(1980年)
  44. 内山田洋とクール・ファイブ 第14集 女・こぬか雨(1981年)
  45. 内山田洋とクール・ファイブ 第15集 純愛列島(1982年)
  46. デビュー15周年記念 15年の歩み ベスト・ヒット全曲集(1983年)
  47. 愛・トリステ(1983年)
  48. 演歌ヒット集(1983年)
  49. ヒットコレクション 決定盤(1999年)
  50. GOLDEN☆BEST 内山田洋とクール・ファイブ(2005年)
  51. GOLDEN☆BEST deluxe 内山田洋とクール・ファイブ A面ヒット全曲集(2010年) - RCA時代の「枯葉小僧の子守唄」を除くすべてのシングルA面曲(50曲)、および代表的な6曲のカラオケ(「長崎は今日も雨だった」以外はオリジナル・カラオケ)を収録。原盤権利者の再編に伴いソニー・ミュージックダイレクトから発売。

ほか(一部ベスト盤を除く)

その他参加作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 西田佐知子の同名曲のカバー。
  2. ^ 愛田健二の同名曲のカバー。
  3. ^ 本楽曲は、後にソロとなった前川がニューアレンジシングルをリリース。また、2007年にはクール・ファイブ再結成の第1弾シングルとして、本楽曲のニューアレンジシングルをリリースするなど、思い入れの強い楽曲となっている。
  4. ^ カーペンターズの同名曲の日本語カバー。なお、前川在籍時のシングルA面曲で唯一前川以外のメンバー(小林正樹)がソロをとった楽曲。
  5. ^ ジュディ・オング台湾でリリースした楽曲「海鴎」の日本語カバー。
  6. ^ 秋庭豊とアローナイツの同名曲のカバー。
  7. ^ 1980年代前半から2000年代前半までの約20年に渡ってダイア建設のCMソングとして使用され、人気を博した。
  8. ^ テレビ朝日系テレビドラマ「海峡物語」主題歌。
  9. ^ 資生堂のCMソング。
  10. ^ 「愛のいたずら」のB面として発表されていた本楽曲を、当時別名義で楽曲提供したチャーリー石黒の追悼として新録音しA面で再発売した。
  11. ^ メキシコラテン楽曲アドロ」の日本語カバー。
  12. ^ ニール・セダカの「きみこそすべて」の日本語カバー。セダカはこのクール・ファイブ版に対し賞賛のコメントを寄せており、2010年にリリースされた「A面ヒット全曲集」のブックレットにセダカのコメントの一部が掲載されている。
  13. ^ エルヴィス・プレスリーの「I Want You, I Need You, I Love You」の日本語カバー。
  14. ^ エルヴィス・プレスリーの「Pocketful of Rainbows」の日本語カバー。
  15. ^ 「酒場の花」のB面として発表されていた本楽曲を、A面で再発売した。また、クール・ファイブの楽曲としてもプロモートされミュージック・ビデオも制作された。クール・ファイブの複数のベスト盤にも収録されているが、シングルとしては前川のソロ名義でリリースされたものが一般的となっており、カラオケにおいても、機種によってクール・ファイブの楽曲として登録されている場合と、前川のソロ楽曲として登録されている場合がある。

関連項目[編集]