内山純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
内山 純
(うちやま じゅん)
誕生 1963年????
神奈川県
職業 推理作家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 立教大学社会学部卒業
活動期間 2014年 -
ジャンル 推理小説
主な受賞歴 鮎川哲也賞(2014年)
デビュー作Bビリヤードハナブサへようこそ
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

内山 純(うちやま じゅん、女性[1]1963年[2] - )は、日本小説家推理作家神奈川県生まれ[3]

経歴・人物[編集]

立教大学社会学部卒業[2]。自営業。2014年、『Bビリヤードハナブサへようこそ』で第24回鮎川哲也賞(選考委員:北村薫辻真先近藤史恵)を受賞[1][4]。同年10月に書籍を刊行してデビュー。好きな作家として、アイザック・アシモフジェフリー・アーチャーE・S・ガードナーなどを挙げている[2]

作品[編集]

  • Bビリヤードハナブサへようこそ (2014年10月 東京創元社 ISBN 978-4-488-02547-2) / 【改題】ビリヤード・ハナブサへようこそ (2018年2月 創元推理文庫 ISBN 978-4-488-48011-0)
    • 「バンキング」
    • 「スクラッチ」
    • 「テケテケ」
    • 「マスワリ」
  • 土曜はカフェ・チボリで (2016年5月 東京創元社 ISBN 978-4-488-02761-2)
    • 「マッチ擦りの少女」
    • 「きれいなあひるの子」
    • 「アンデルセンのお姫様」
    • 「カイと雪の女王」
  • ツノハズ・ホーム賃貸二課におまかせを (2017年11月 東京創元社 ISBN 978-4-488-02777-3)
    • 「大家の事情」
    • 「入居者の事情」
    • 「入居申込人の事情」
    • 「その土地の事情」
    • 「エピローグ」

脚注[編集]

  1. ^ a b B(ビリヤード)ハナブサへようこそ 内山純 評者 内山純氏インタビュー|図書新聞
  2. ^ a b c 第24回 鮎川哲也賞 | 公募ガイド
  3. ^ 小説すばる』2017年8月号. 集英社. pp. 203. 
  4. ^ 鮎川哲也賞 歴代受賞作 | 東京創元社