内村良蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
うちむら りょうぞう
内村 良蔵
生誕 1849年嘉永2年)
出羽国置賜郡米沢元籠町(現・山形県米沢市
死没 1910年明治43年)9月19日享年63)
墓地 吉祥寺東京都文京区駒込
国籍 日本の旗 日本
別名 公平、洋庵
職業 教育者官吏
肩書き 従五位勲五等
配偶者 末子(先妻・伊東昇廸娘)、歌子(後妻)
子供 政子(長女・内村達次郎妻)、鹿郎(長男)、三樹(息子)、高梧(息子)、シゲ(娘・鳥居春洋妻)

内村 良蔵(うちむら りょうぞう[1][2]1849年嘉永2年) - 1910年明治43年)9月19日)は明治時代前半期の日本教育者文部官僚。旧名公平(きみひら)[3][4]東京外国語学校東京外国語大学の前身)校長を務めた。

来歴[編集]

嘉永2年(1849年)、米沢藩医内村慶玄の嫡子として米沢元籠町に生まれる。幼名は洋庵[1]慶応3年(1867年)6月、同藩の平田道策(東助)らとともに慶應義塾に入社したが、江戸の情勢が緊迫すると帰藩を命じられた。戊辰戦争後、米沢で渡辺洪基、樫村清徳から英学を学び、さらに明治2年(1869年)5月頃から東京麻布藩邸で慶應義塾教員吉田賢輔の指導を受けたのち、同年中に平田とともに大学南校に入学[1][5]。明治3年(1870年)閏10月に大学少舎長、翌明治4年(1871年)4月に大学中舎長兼大得業生となり、大学南校寄宿舎の英学生徒を監督するとともに変則生徒に英学を教えた[1][3]

同年7月に大学が廃され文部省が置かれると9月に文部省九等出仕となった[6]。また岩倉使節団理事官として欧米に派遣される文部大丞田中不二麿の随行を命じられ、11月に横浜を出港[7]英国の学事調査を担当し[8]、明治6年(1873年)に帰国した[1]

帰国後は同年中に文部省七等出仕まで進み、翌明治7年(1874年)6月に文部省六等出仕、明治9年(1876年)2月に文部少丞となった[9]。この間、外務省から明治6年5月に移管された外国語学所の学長を経て同年10月に本省の学校課長となり、11月からは会計課長を務めた[10]。また、明治7年10月から11月まで宮城外国語学校長心得を、明治9年4月から12月まで東京博物館長事務取扱を、12月から翌年1月まで同館御用掛を、同1月から2月まで教育博物館御用掛を兼務している[11]。明治10年(1877年)1月、東京外国語学校長に転じ[9]、明治18年(1885年)9月に東京外国語学校が東京商業学校に併合されると文部権大書記官に就任[12]。本省学務二局勤務となり東京商業学校御用掛を兼務したが、同年12月に非職となった[13]

退官後は本郷金貸しを経営。晩年は駒込に広大な邸宅を構え、那須葉山などに別荘を所有したという。明治43年(1910年9月19日、病により享年63で死去。墓所は東京都文京区駒込吉祥寺にある[1]

親族[編集]

  • 祖父:良英(1804 -)[1][14]
    • 実父:慶玄 - 別名・良庵。米沢藩医適塾に学び、さらに長崎に遊学して蘭方医学を修めたが、良蔵が幼いうちに病没[14]
    • 義父:源蔵 - 米沢藩士関谷権兵衛(正則)の三男。寡婦となっていた良蔵の母・運子のもとに入夫して分家し、良蔵の長女・政子を養女とした[14]
    • 母:運子[14]
      • 義弟:達次郎(1868 - 1946) - 農商務官僚、弁理士。源蔵の養子で、源蔵の養女・政子と婚姻ののち分家の家督を継いだ。実父は米沢藩士柿崎家教。長男・良二は昭和医科大学(昭和大学の前身)学長を務めた医学者、三男・省三は内科医、長女・テルは実業家千野健彦夫人、四男・酉は海軍軍人小田切延寿の養子[14][15][16]
  • 先妻:末子 - 米沢藩医伊東昇廸の娘で、平田東助の実妹。良蔵と離婚ののち伊東猪之吉と再婚[1][17]
    • 長女:政子(1869 -) - 義祖父・源蔵の養女となり、源蔵の養子・達次郎と婚姻[14][16]
  • 後妻:歌子[1]

著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『続 米沢人国記』。
  2. ^ 『新版 山形県大百科事典』。『新訂増補 海を越えた日本人名事典』。『幕末維新大人名事典 上巻』。
  3. ^ a b 大学南校一覧 辛未六月改』。
  4. ^ The Japanese in America. University Pub. Co., 1872. p. 9.
  5. ^ 松野良寅著 『東北の長崎 : 米沢洋学の系譜』 松野良寅、1988年11月、72-74頁、201-208頁。松野良寅編著 『興譲館世紀』 山形県立米沢興譲館高等学校創立百年記念事業実行委員会、1986年9月、184-188頁。
  6. ^ 倉沢剛著 『学制の研究』 講談社、1973年3月、275頁。
  7. ^ 前掲 『学制の研究』 369頁。小林哲也 「『理事功程』研究ノート」(『京都大学教育学部紀要』第20号、1974年3月、NAID 40000743240)85頁。
  8. ^ 前掲 「『理事功程』研究ノート」 84頁。
  9. ^ a b 「官吏進退・明治二十一年官吏進退二十三」。
  10. ^ 野中正孝編著 『東京外国語学校史』 不二出版、2008年11月、ISBN 9784835057675、9-10頁。東京大学文書館所蔵 「文部省往復及同省直轄学校往復 明治六年分四冊ノ内丁号」 660丁表231丁表243丁表。西村正守 「東京書籍館の人々」(『図書館学会年報』第20巻第1号、日本図書館学会、1974年7月、NAID 40002718949)、49頁。
  11. ^ 宮城英語学校年報」(『文部省第二年報附録』)。『東巡録』巻之六、21頁。「東京博物館年報」(『文部省第四年報附録 第一』)。「教育博物館年報」(『文部省第五年報附録 第一』)。
  12. ^ 旧東京外国語学校及同校所属高等商業学校記事要畧」(『文部省第十三年報附録』)。『官報』第671号、1885年9月24日、303頁
  13. ^ 『官報』第672号、1885年9月25日、320頁同誌第671号、1885年9月24日、304頁同誌号外、1885年12月29日、3頁
  14. ^ a b c d e f 『明治の曙』。
  15. ^ 松野良寅 「内村達次郎」(山形放送編 『新版 山形県大百科事典』 山形放送、1993年10月)。
  16. ^ a b 内村達次郎」(内尾直二編輯 『第十二版 人事興信録 上』 人事興信所、1939年10月)。
  17. ^ 加藤房蔵編纂 『伯爵平田東助伝』 平田伯伝記編纂事務所、1927年6月、490頁。
  18. ^ a b 『明治過去帳』。
  19. ^ 鳥居春洋」(内尾直二編輯 『第六版 人事興信録』 人事興信所、1921年6月)。「鳥居武雄」「鳥居文雄」(内尾直二編輯 『第十四版 人事興信録 下』 人事興信所、1943年10月)。「鳥居武雄」(武内甲子雄編 『第廿二版 人事興信録 下』 人事興信所、1964年3月)。

参考文献[編集]

  • 非職元統計院大書記官従五位杉享二外十一名特旨ヲ以テ陞叙ノ件」(国立公文書館所蔵 「官吏進退・明治二十一年官吏進退二十三」)
  • 「内村良蔵」(大植四郎編 『国民過去帳 明治之巻』 尚古房、1935年12月)
    • 大植四郎編 『明治過去帳』 東京美術、1971年11月
  • 松野良寅 「内村良蔵」(米沢市史編さん委員会編 『米沢市史編集資料 第12号 続 米沢人国記』 米沢市史編さん委員会、1983年9月)
  • 「未完の逸材・内村良蔵」(松野良寅著 『明治の曙 : 一隅を照らす人々』 遠藤書店、1985年5月)
  • 松野良寅 「内村良蔵」(山形放送編 『新版 山形県大百科事典』 山形放送、1993年10月)
  • 楠家重敏富田仁 「内村良蔵」(富田仁編 『新訂増補 海を越えた日本人名事典』 日外アソシエーツ、2005年7月、ISBN 4816919333)
  • 安岡昭男 「内村良蔵」(安岡昭男編 『幕末維新大人名事典 上巻』 新人物往来社、2010年5月、ISBN 9784404037640)
公職
先代:
校長
伴正順
日本の旗 宮城外国語学校長心得
1874年
次代:
校長
下斗米精三