内染司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

内染司(ないせんし)は律令制において宮内省に属する機関の一つである。和訓は「うちそめもののつかさ」。

職掌[編集]

内染司は天皇皇后に供御する織物類の染色をつかさどった。染色のための官奴婢が配属されていた。大同3年1月20日(808年)に行われた官司の統廃合により、中務省所属の縫殿寮に統合される(『日本後紀』の当該部分は一部失われているが、『官職秘抄』などに記されている)。延喜式には縫殿寮に内染司の機能を継承したとみられる「御服染作所(ごふくそめつくりどころ)」が設置され、染師の後身と見られる染手6名が配属されている。

職員[編集]

関連項目[編集]