内浦湾地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
内浦湾地震
内浦湾地震の位置(北海道内)
内浦湾地震
地震の震央の位置を示した地図
本震
発生日 2016年6月16日
発生時刻 14時21分頃(JST[1]
震央 日本の旗 日本 内浦湾
震源の深さ 11 km
規模    気象庁マグニチュード(Mj)5.3・モーメントマグニチュード(Mw)5.2
最大震度    震度6弱:北海道函館市[2]
津波 なし
余震
最大余震 2016年6月21日0時10分(JST)、M4.2、最大震度4
出典:特に注記がない場合は日本気象協会による。
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

内浦湾地震(うちうらわんじしん)とは、2016年平成28年)6月16日14時21分ごろに北海道南部の内浦湾震源として発生した地震[1]。規模はM(マグニチュード)5.3、最大震度は6弱[1]

規模はそれほど大きくない地震だったが、震源が浅かったため、震源付近では大きな揺れを観測した。

概要[編集]

観測された震度が最大だったのは函館市川汲町[3]。6月20日の消防庁の報告によれば、函館市で軽傷1名、住家一部破損3棟の被害が生じていた[4][5]。この地震の余震とみられる6月21日午前0時10分頃の地震の後、南茅部総合センターに川汲町住民ら16人が避難した[6]気象庁はこの地震に対して緊急地震速報(警報)を発表した[5]

震源の深さは11キロメートルで、発震機構は北東-南西方向に圧力軸を持つ逆断層型[3][5]Hi-netによる初動解、およびF-netのCMT解によれば発震機構は横ずれ成分を含む逆断層型と推定されるとしている[7]

国土地理院電子基準点のデータの解析では、本地震による有意な地殻変動は検出されなかった[8]。本地震の震源付近ではこの地震以前からまとまった地震活動があり、地震活動は7月以降も続いた。過去にもこの地域では1978-1982年の函館沖、1995-1997年頃の松前沖と同程度の規模の地震がまとまって発生する傾向にあった[9]

海上保安庁では14時21分頃の地震発生から3分後の14時24分に首相対策室・海上保安庁対策本部を設置、15時までに巡視艇、航空機による被害情報調査指示のほか各種協議・調査を開始し、17時45分までに全ての協議・調査を終了した[10]

震度[編集]

函館市川汲町で震度6弱、函館市泊町で震度5弱などが観測された[5]函館市で震度6弱が観測されたのは統計開始以来初[11][12][注 1]北海道でも震度6弱が観測されたのは2003年の十勝沖地震以来だった[12]

震度4以上の揺れを観測した地域は以下の通り[2]

震度 都道府県 観測点名
6弱 北海道 函館市川汲町
5弱 北海道 函館市泊町
4 北海道 函館市尾礼部町・函館市新浜町・函館市西ノ浜町・七飯町本町・鹿部町宮浜
青森県 大間町大間(旧)・風間浦村易国間

1995年以前は震度観測点が気象官署の160点程度であったものが、1995年兵庫県南部地震を期に1996年以降地震観測網が充実され震度観測点が数千ヶ所となり最大震度が大きく出やすい傾向にある。本地震は最大震度6弱を観測したが強い揺れの範囲は狭く、最大震度を観測した同じ函館市内でも函館地方気象台(函館市美原)の計測震度は3であった[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]

註釈[編集]

  1. ^ この統計期間に震度の観測法や観測点の密度は大きく変わっているため、1996年以前と以降では「最大震度」は同列には扱えない(防災科学技術研究所,地震の基礎知識・大きな地震と小さな地震)。

出典[編集]

  1. ^ a b c 過去の地震情報 震度別:6弱以上”. tenki.jp. 2016年10月29日閲覧。
  2. ^ a b 地震情報 2016年6月16日 15時45分発表”. tenki.jp (2016年6月16日). 2016年10月29日閲覧。
  3. ^ a b 平成28年6月16日14時21分頃の内浦湾の地震について 報道発表資料平成28年6月16日15時45分気象庁
  4. ^ 消防庁 平成28年06月20日 内浦湾を震源とする地震(第8報・H28.6.20更新)
  5. ^ a b c d 気象庁 平成28年6月 地震・火山月報(防災編) 特集 平成28年6月16日の内浦湾の地震(1)(2)概要及び地震活動
  6. ^ 「地震:16日の余震か 函館で震度4 被害なし /北海道」毎日新聞地方版2016年6月22日[1]
  7. ^ 2016年6月16日 内浦湾の地震, 防災科学技術研究所
  8. ^ 国土地理院, 平成28年6月16日14時21分の内浦湾の地震に伴う地殻変動について, 地殻変動に関する報道発表等
  9. ^ 平成28年6月16日の内浦湾の地震 (PDF) , 地震本部
  10. ^ 内浦湾を震源とする地震について(第2報) (PDF)”. 国土交通省. p. 2 (2016年6月17日). 2016年11月22日閲覧。
  11. ^ 「地震:北海道・函館震度6弱 いきなりドン 「こんなに強いの初めて」」毎日新聞地方版2016年6月17日[2]
  12. ^ a b 北海道で震度6弱 気象庁が会見 「同程度の地震の恐れある」THE PAGE 6/16(木) 17:00配信
  13. ^ 震度データベース検索, 気象庁