内浦町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
うちうらまち
内浦町
廃止日 2005年3月1日
廃止理由 新設合併
鳳至郡能都町柳田村珠洲郡内浦町能登町
現在の自治体 能登町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 石川県
珠洲郡
団体コード 17441-6
面積 53.83km2
総人口 7,244
推計人口、2005年3月1日)
隣接自治体 珠洲市鳳至郡能都町柳田村
内浦町役場
所在地 927-0695
石川県珠洲郡内浦町字松波13字75番地
座標 北緯37度21分11.5秒
東経137度14分40.5秒
 表示 ウィキプロジェクト

内浦町(うちうらまち)は、石川県珠洲郡に置かれていた

地理[編集]

  • 山:高瀬山、日和山
  • 河川:松波川、九里川尻川、白丸川
  • 湖沼:福光ダム、山口防災ダム

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行により宮犬村、不動寺村、行延村、時長村、山中村、満泉寺村、国重村、駒渡村、田代村、滝之坊村が合併し木郎村(もくろうむら)が発足。
  • 1907年(明治40年)10月15日 - 松波村宮崎村、木郎村が合併し木郎村が発足。
  • 1948年昭和23年)5月1日 - 木郎村が町制施行・改称し、松波町(まつなみまち)となる。
  • 1950年(昭和25年)12月20日 - 字松波・上の各一部が開拓され字明生が成立。
  • 1951年(昭和26年)7月18日 - 字時長・山中・満泉寺・不動寺の各一部を小木町に編入する。
  • 1954年(昭和29年)3月31日 - 字松波・上・田代・駒渡の各一部が開拓され字福光が成立。さらに、時長の一部をもって字泉が成立。
  • 1955年(昭和30年)10月10日 - 松波町が能都町字小木、越坂、市之瀬、明野、羽生の一部(羽生ろ)を編入。
  • 1958年(昭和33年)12月1日 - 松波町が改称し、内浦町となる。
  • 2005年平成17年)3月1日 - 能都町、柳田村と合併し能登町が発足。本町の31大字は能登町に継承。(合併の際に柳田村に同名の字「長尾」が存在したため内浦町長尾は内浦長尾と改称された。また、分かれていた羽生地区が合併により50年ぶりに一つになった。)

行政[編集]

町長[編集]

旧木郎村歴代村長
氏名 就任 退任 備考
1 1 吉村梅吉 不詳 不詳
2 2 吉田喜作 不詳 不詳
3 3 岡田安松 不詳 不詳
歴代木郎村長
氏名 就任 退任 備考
1 1 北浜亮太郎 1907年(明治40年)10月15日 1908年(明治41年)2月1日
2 1908年(明治41年)2月25日 1910年(明治43年)10月9日
3 2 吉田喜作 1910年(明治43年)11月2日 1911年(明治44年)5月4日
4 3 鍋谷甚平 1911年(明治44年)6月14日 1915年(大正4年)6月13日
5 4 森下栄一郎 1915年(大正4年)9月27日 1915年(大正4年)11月4日
6 北浜亮太郎 1916年(大正5年)2月24日 1918年(大正7年)12月29日
7 5 岡田安松 1919年(大正8年)1月21日 1919年(大正8年)10月27日
8 6 坂井幸吉 1919年(大正8年)11月10日 1923年(大正12年)11月9日
9 7 垣内幹三郎 1923年(大正12年)11月 1927年(昭和2年)11月
10 8 吉村得造 1928年(昭和3年)1月 1932年(昭和7年)1月
11 9 小杉幸治郎 1932年(昭和7年)1月 1935年(昭和10年)2月
12 10 表與三吉 1935年(昭和10年)2月 1939年(昭和14年)2月
13 坂井幸吉 1939年(昭和14年)3月 1941年(昭和16年)1月
14 11 加藤鉄郎 1941年(昭和16年)1月 1945年(昭和20年)12月
15 1945年(昭和20年)12月 1946年(昭和21年)12月
16 12 新谷與四郎 1947年(昭和22年)2月 1947年(昭和22年)4月
17 13 吉見昌造 1947年(昭和22年)4月5日 1948年(昭和23年)4月30日
歴代松波町長
氏名 就任 退任 備考
1 1 吉見昌造 1948年(昭和23年)5月1日 1949年(昭和24年)4月
2 2 栗本吉太郎 1949年(昭和24年)5月16日 1953年(昭和28年)5月15日
3 1953年(昭和28年)5月16日 1957年(昭和32年)5月15日
4 1957年(昭和32年)5月16日 1958年(昭和33年)11月30日
歴代町長
氏名 就任 退任 備考
1 1 栗本吉太郎 1958年(昭和33年)12月1日 1961年(昭和36年)5月15日
2 2 金七龍太郎 1961年(昭和36年)5月16日 1965年(昭和40年)5月15日
3 1965年(昭和40年)5月16日 1969年(昭和44年)5月15日
4 1969年(昭和44年)5月16日 1973年(昭和48年)5月15日
5 1973年(昭和48年)5月16日 1977年(昭和52年)5月15日
6 1977年(昭和52年)5月16日 1981年(昭和56年)5月15日
7 3 真智準一郎 1981年(昭和56年)5月16日 1985年(昭和60年)5月15日
8 1985年(昭和60年)5月16日 1989年(平成元年)5月15日
9 4 大沢徳平 1989年(平成元年)5月16日 1993年(平成5年)5月15日
10 1993年(平成5年)5月16日 1995年(平成7年)7月13日 [1]
11 5 新谷功 1995年(平成7年)8月27日 1999年(平成11年)8月26日
12 1999年(平成11年)8月27日 2003年(平成15年)8月26日
13 6 田形功 2003年(平成15年)8月27日 2005年(平成17年)2月28日
  • 町長 - 田形 功(たがた・いさお)

地域[編集]

教育[編集]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

道路[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 体調不良のため辞任

関連項目[編集]