内海重典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

内海 重典(うつみ しげのり、1915年11月10日 - 1999年3月1日)は、宝塚歌劇団劇作家演出家白井鐵造高木史朗とともに三巨匠の一角に数えられる。[要出典]大阪府大阪市生まれ。妻は元タカラジェンヌ宝塚歌劇団卒業生の加古まち子(在団1938年 - 1944年)。

略歴・人物[編集]

1939年に宝塚歌劇団に入団。1941年に「高原の秋」で初演出。以降、1988年の「南の哀愁」(剣幸主演)の再演まで、実に数多くの作品に携わった。

また、日本万国博覧会神戸ポートアイランド博覧会などにおける式典や数々のイベントの構成・演出も担当した。

41年に上演した『宝塚かぐや姫』でかぐや姫役の小夜福子が歌った「さよなら皆様」(作詞は内海、作曲は河崎一朗)は、宝塚大劇場東京宝塚劇場の終演後に流される曲のひとつとなっている[1]

舞台効果面での創意工夫で夙に知られており、1952年には紗幕の使用を発案、55年にはドライアイスを使用したスモークを舞台で初めて使用している。また明石照子の歌唱場面で、当時主流のスタンドマイクではなく、ワイヤードハンドマイクを採用したことが、松下電器工業のワイヤレスマイク発明に貢献したともいわれている[1]

1988年に演出活動から身を退くまで、戦中派最後の生き残りとして長く活躍、歌劇団理事も務めた。

主な演出作品[編集]

  • ミモザの花(1946年)
  • ファイン・ロマンス(1947年)
  • 南の哀愁(1947年)
  • レインボーの歌(1948年)
  • ブギウギ巴里(1949年)
  • ロマンス・パリ(1949年)
  • 白き花の悲歌(1951年)
  • 薔薇の大地(1953年)
  • たそがれの維納(1954年)
  • 緑のハイデルベルヒ(1956年)
  • 帰らざる女(1956年)
  • 高校三年生(1957年)
  • 青い珊瑚礁(1958年)
  • 君ありてこそ(1959年)
  • ビバ・ピノキオ(1960年)
  • カルメン・カリビア(1960年)
  • ポニイ・レディー(1961年)
  • 明日に鐘は鳴る(1961年)
  • 絢爛たる休日(1962年)
  • 哀愁の巴里(1962年)
  • ボン・ビアン・パリ(1965年)
  • ラ・グラナダ(1965年)
  • 我が歌君がため(1966年)
  • 世界はひとつ(1967年)
  • ヒット・キット(1967年)
  • アプソディ〜ハンガリア物語〜(1968年)
  • 追憶のアンデス(1968年)
  • 嵐が丘(1968年)
  • パレード・タカラヅカ(1973年)
  • ラムール・ア・パリ〜サラ・ベルナールの恋〜(1975年)
  • 愛限りなく(1982年)

ほか多数

脚注[編集]