内湯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
内湯の例

内湯(うちゆ)とは、温泉地にある旅館において、その宿が保有する風呂のこと。外湯の対義語である。

概要[編集]

古くからの温泉街湯治場の多くは、温泉は外湯のみで、各旅館は寝泊りする場を提供するのみであった。明治時代大分県別府温泉では源泉開発に上総掘りの技術が応用された湯突きが盛んになり、各旅館が独自の源泉を持つようになる。このような源泉開発はしだいに全国各地に普及し、各旅館が自前で風呂を保有するようになり、宿の外に出ずとも入浴できると言うことで内湯と呼ばれるようになった。

今日では、日帰り入浴施設銭湯などにおいて屋内にある浴槽も内湯と呼ぶ。この場合の対義語は、屋外にある風呂である露天風呂である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]