内田優大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

内田 優大(うちだ ゆうだい、1964年12月23日 - )は、千葉県出身のレーシングドライバー。

プロフィール[編集]

  • 身長:176cm
  • 体重:72Kg
  • 血液型:RH+AB
  • 所属:KONDO Racing

レース歴[編集]

2014年8月にLamborghini Super Trofeo Asia シリーズにランボルギーニ・ガヤルドでレースデビュー。レース初参戦でいきなり予選7位、決勝はアマクラス4位。10月の上海戦では早くもアマクラス3位表彰台を獲得する。11月にはNISSAN GT-R Prestige Cupにシーズン途中より参戦。同月に行われたNISMO Festival at Fiji Speedway 2014戦でレース歴3ヶ月ながら初優勝を果たす。

2015年はLamborghini Super Trofeo Asia シリーズに一人でフルエントリー。開幕戦富士戦を予選2位、決勝レースでも総合2位となり、アマクラスからプロアマクラスへとクラス変更となった。また、NISSAN GT-R Prestige Cupにもフルエントリーする。4月にはフェラーリ・チャレンジレース富士戦にスポット参戦。ピレリアマクラスで優勝する。

2016年はスーパー耐久シリーズにKONDO Racingよりスリーボンド日産自動車大学校GT-Rでシリーズ最高峰のST-Xクラスにフルエントリーとなる。4月開幕戦のもてぎ5時間耐久レースでは藤井誠暢選手、平峰一貴選手と走りデビューウィンを飾る。初年度にしてシリーズチャンピオンを獲得。また、Lamborghini Super Trofeo Asia シリーズにフルエントリー、鈴鹿戦ではシリーズは初優勝を果たす。シリーズランキング総合2位。2016インタープロトシリーズは2戦のみスポット参戦ながらデビューレース予選でポールポジションを獲得し、決勝レースでは2位となる、シリーズランキング3位。

2017年はスーパー耐久シリーズにKONDO Racingより2年連続でスリーボンド日産自動車大学校GT-Rで、ゼッケン1番を付けフルエントリー。4月第1戦もてぎ200分レース、第2戦SUGO3時間レースで連続優勝する。その後 第5戦富士スピードウェイで3位を獲得し、シリーズランキングは2位となった。8月20日 Lamborghini Super Trofeo Asia 富士戦にスポット参戦し、アマクラス2位。

2018年も引き続き、スーパー耐久シリーズにKONDO Racingより3年連続でスリーボンド日産自動車大学校GT-Rで出場。 第3戦富士24時間戦をチーム事情により欠場するも、シリーズランキング2位となった。特に第4戦から第6戦まで、Aドライバー予選全てでポールポジションを獲得。第4戦オートポリス戦と第6戦岡山戦では優勝を飾っている。 また、ポルシェカレラカップジャパン2018にフルエントリー。初年度ながら、異例のオーバーオールクラスからのエントリーとなった。ポルシェカレラカップはスタートがスタンディングスタート方式で、左足の神経麻痺を抱えている内田は毎戦苦しい戦いを強いられるが、シリーズランキング7位を獲得した。

レース戦績[編集]

  • 2014年
    • Lamborghini Super Trofeo Asia シリーズ(ランキング総合:7位、アマクラス:3位)
    • NISSAN GT-R Prestige Cup(ランキング:4位)
  • 2015年
    • Lamborghini Super Trofeo Asia シリーズ(シリーズランキング総合:6位、プロアマクラス:5位)
    • NISSAN GT-R Prestige Cup(シリーズランキング:2位)
    • フェラーリ・チャレンジ アジアシリーズ スポット参戦(富士戦 優勝)
  • 2016年
    • スーパー耐久シリーズ ST-Xクラス(シリーズチャンピオン)
    • Lamborghini Super Trofeo Asia シリーズ(鈴鹿戦 優勝、シリーズランキング総合:2位、プロアマクラス:2位)
    • インタープロトシリーズ スポット参戦(シリーズランキング総合:3位)
  • 2017年
    • スーパー耐久シリーズ ST-Xクラス(シリーズランキング:2位)
    • Lamborghini Super Trofeo Asia スポット参戦(アマクラス:2位)
  • 2018年
    • スーパー耐久シリーズ ST-Xクラス(シリーズランキング:2位)
    • ポルシェカレラカップ(オーバーオールクラス:7位)