内田和成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

内田 和成(うちだ かずなり、1951年 - )は、日本の経営学者コンサルタント早稲田大学商学学術院教授ボストン・コンサルティング・グループシニア・アドバイザー。専門は競争戦略論、リーダーシップ論。

経歴[編集]

1951年東京都生まれ。永田町小学校(現麹町小学校)、東京教育大学附属駒場中学校・高等学校東京大学工学部電子工学科を卒業後、1984年慶應義塾大学大学院経営管理研究科 (KBS) を修了し、MBA取得。マーケティングの嶋口充輝ゼミ出身[1]

日本航空勤務を経て1985年ボストン・コンサルティング・グループ入社、1991年ヴァイス・プレジデント(パートナー)、1999年シニア・ヴァイス・プレジデントを歴任し、2000年6月より2004年12月まで同社日本代表を務める。2006年には米Consulting Magazine誌により「世界の有力コンサルタント25人」に選出され[2]、また同年より早稲田大学ビジネススクール教授に就任。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 『顧客ロイヤルティの時代』(同文舘出版, 2004年)
  • 『1からの戦略論』(碩学舎, 2009年)
  • 『プロフェッショナルの鍛え方』(ゴマブックス, 2009年)
  • 『コンサルティング入門』(ゴマブックス, 2009年)

訳書[編集]

  • ロバート・マイヤー『すごい「議論」力!―これが最強の「論理&心理」術!』(三笠書房, 2008年)

脚注[編集]

[ヘルプ]