内田晋斎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

内田 晋斎(うちだ しんさい、嘉永元年(1848年) - 明治32年(1899年)5月12日)は、明治期の書体研究家、教科書編集者、啓蒙思想家。晋斎は号で、他に芳斎。本名は嘉一。明治24年には、日本で初めての特許開発者ともなったとされる。

経歴[編集]

嘉永元年(1848年上総国生まれ。慶応4年(1868年)に慶應義塾に入塾。卒業後、福沢諭吉著の『啓蒙手習之文』の版下作成を任じられ、儒学者巻菱湖の書風で書かれた書体は評判が良かったといわれる。秀英体が採用した仮名書風の「秀英体A型仮名書風」の構想に深く関わっており、「秀英体B型仮名書風」には宮城玄魚が関わったとされる。また、辞書の日本語訳を最初に横書きにしたのは『浅解英和辞林』(明治4年)とされている。

他、数多くの教科書執筆を手がけ、文部省で横山由清中根淑、南部義舞、片山淳吉の5名で「文法会」を結成した。墓所は谷中霊園

著作[編集]

教科書
  • 『小学中等科読本』
  • 『小学読本』
  • 『小学読本高等科』
  • 『かなづかひはやまなび』
  • 『地学新篇』
  • 『実用読本尋常科』
啓蒙書

参考文献[編集]