内田正良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
内田正良
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 享保15年(1730年
死没 文化4年10月12日1807年11月11日
別名 主殿(通称)
戒名 泰山
墓所 東京都台東区蔵前の竜宝寺
官位 従五位下、主殿頭、近江
幕府 江戸幕府
下総小見川藩
氏族 内田氏
父母 父:内田正記、母:窪田忠種の娘
養父:内田正伝内田正美
正室:伊東長丘の娘
正純、馬場正賀、川勝広品
依田堯道、娘(夏目為毅室)

内田 正良(うちだ まさよし)は、江戸時代中期の大名下総小見川藩の第3代藩主。小見川藩内田家6代。

生涯[編集]

通称は主殿。享保15年(1730年)、内田氏の分家である内田正記の次男として生まれる。同家は内田正世の三男正友を初代としており、父正記は武蔵国多摩郡で500石を支配する旗本であった。はじめは同じ分家の内田正伝の養子となっていた。同家は内田正衆の三男正長を初代としており、養父正伝は常陸国鹿島郡などで1500石を支配する旗本であった。

宝暦3年(1753年)5月26日、本家の藩主・内田正美が早世したため、末期養子となって跡を継いだ。同年月日、将軍徳川家重にお目見えする。同年12月18日、従五位下主殿頭に叙任する。後に近江守に改める。宝暦8年(1758年)12月に大坂加番となる。天明2年(1782年)2月14日、長男の正純に家督を譲って隠居し、文化4年(1807年)10月12日に死去。享年78。