内田種臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

内田 種臣(うちだ たねおみ、1943年 - )は、日本の哲学者佐賀県出身[1]

略歴[編集]

学歴[編集]

  • 早稲田大学第一文学部卒業[2]
  • 同大学文学研究科満期退学、修士(文学)(早稲田大学)[3]

職歴[編集]

  • 武蔵野美術大学、東洋大学非常勤講師[4]
  • 1983年:ハーバード大学イェンチン研究所客員研究員&アソシエイツ
  • 1985年:早稲田大学理工学部教授
  • 早稲田大学理工学術院(基幹理工学部表現工学科)教授(~2011年3月[5]
  • 2000年[6]:早稲田大学熊野文化研究所所長(~2005年11月[7]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『様相の論理』早稲田大学出版部、1978年

共著[編集]

  • 大窪徳行、藤川吉美共編『新時代の哲学』北樹出版、1992年
  • 早稲田大学国際情報通信研究科メディアデザイン研究室編『Intermedia――メディアと芸術の相関を思考する(theoria)』トランスアート、2003年

翻訳[編集]

  • ヤーッコ・ヒンティッカ(永井成男共訳)『認識と信念――認識と信念の論理序説』紀伊国屋書店、1975年
  • ルドルフ・カルナップ(内井惣七、竹尾治一郎、永井成男共訳)『カルナップ哲学論集』紀伊國屋書店、1977年
  • ニコラス・レッシャー『対話の論理――弁証法再考』紀伊国屋書店、1981年
  • チャールズ・サンダース・パース『パース著作集2――記号学』勁草書房、1986年
  • チャールズ・W・モリス(小林昭世共訳) 『記号理論の基礎』勁草書房、1988年
  • イズラエル・シェフラー(高頭直樹共訳)『ヒューマン・ポテンシャル――教育哲学からの考察』勁草書房、1994年
  • ジェフリー・リーチ(木下裕昭共訳)『意味論と語用論の現在』理想社、2007年

脚注[編集]