内田芳郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

内田 芳郎(うちだ よしろう、1918年大正7年)9月[1] - 2008年平成20年)2月11日)は、日本の参議院議員。旧名・俊朗[1]

経歴[編集]

熊本県出身[1]。1940年明治大学政治経済学部を卒業[1]後、竹中工務店に勤務し、営業部長などを歴任。1965年に自由民主党から第7回参議院議員通常選挙全国区から出馬し当選。第3次佐藤内閣通商産業政務次官に就任。日中協会役員などを務めた他、小金井カントリー倶楽部の理事を務め、愛好家として知られる内閣総理大臣田中角栄にゴルフの手ほどきをした。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』258頁。

参考文献[編集]

  • 『郷友』日本郷友連盟、n.d.。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。