内藤信武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

内藤 信武(ないとう のぶたけ、生年未詳 - 元和5年3月26日1619年5月10日))は、江戸時代前期の摂津国高槻藩内藤信正の子。陸奥国棚倉藩主となった内藤信照の弟。官位は従五位下・丹後守。

庶子として生まれたが、兄・信照が病弱であったため、父・信正の嗣子となる。しかし元和5年(1619年)に夭折、再び信照が嗣子となって家督を継承した。娘は信照の養女となり、後に堀利長の室となっている。

法名は「性空」と伝えられている。葬地は不明である。

出典[編集]