内藤信興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
内藤信興
時代 江戸時代中期
生誕 享保5年(1720年
死没 安永9年5月5日1780年6月7日
別名 孫三郎
戒名 瑞龍院惇誉興仁道温
墓所 新潟県村上市 天徳寺
官位 従五位下紀伊守、大膳亮
幕府 江戸幕府
越後村上藩
氏族 内藤家 (信成系)
父母 父:内藤信輝、母:不明
奥平昌成の娘
信旭信凭頼尚
阿部正賀の室、松平直行の室、他

内藤 信興(ないとう のぶおき)は、越後村上藩の第3代藩主。第2代藩主・内藤信輝の次男。

経歴[編集]

享保5年、江戸で生まれる。父・信輝の死去により同10年(1725年)10月25日、6歳で遺領を継いだ。享保21年(1736年)1月28日、将軍徳川吉宗御目見し、同年12月16日に従五位下・紀伊守となる。同2年6月19日、はじめて村上に入部した。

宝暦11年(1761年)5月25日、子の信旭に家督を譲って隠居し、のち明和元年閏12月28日(1765年2月17日)に大膳亮と改めた。また同8年8月3日、剃髪して「昌山」と号したという(以上「寛政譜」新訂13巻203頁および『新編 藩翰譜』2巻所載系図、128頁)。

安永9年(1780年)5月5日、江戸で死去した。享年61。葬地は小石川の無量院(廃寺)。現在、墓所は新潟県村上市の天徳寺に移されている。

『村上郷土史』107頁には「表入用之儀追々相滞 甚差支候」「公務にも可相障 安心無之候」と、逼迫する江戸での財政状況を伝える書状が掲載されている(年次不明。同書では元文5年と推定)。

子女[編集]

「寛政譜」記載の子女は次の4男6女である。「越後村上 内藤家譜」からの記述を付加し、また『村上郷土史』所載系図の記述を括弧書きにした。

  • 内藤信旭(長男)
  • 女子:早世(「カナ」延享3年2月生まれ。母は側室。同月卒)
  • 内藤信凭(次男)
  • 阿部駿河守正賀の継室(「サダ」寛延3年3月生まれ。母は側室)
  • 松平兵庫頭直行の継室(「ヒデ」改め「重」宝暦元年3月生まれ。母は奥平昌成の娘)
  • 内藤頼尚(三男)
  • 女子:早世(「艶」宝暦9年4月卒)
  • 男子某:剛松(宝暦6年2月村上に生まれる。母は側室。同7年7月卒)
  • 女子:早世(「トシ」宝暦12年5月生まれ。母は側室。同年7月卒)
  • 女子:早世(「マサ」改「ヨシ」)

特記事項[編集]

  • 生没年および享年は「寛政譜」および「藩翰譜続編」(『新編 藩翰譜』2巻104、105頁が続編部分である)の記述に拠った。いずれも安永9年5月5日に61歳で卒とし、従って享保5年生まれとなる。「寛政譜」は生年を明記している。
  • 『村上郷土史』では享保8年3月21日生、安永9年5月5日卒、享年58(80頁)もしくは享保6年生、安永9年に60歳で卒したとする(103および116頁)。
  • 法名・惇誉興仁道温は「寛政譜」の表記に拠るもの。『村上郷土史』は淳養誉興仁道温と記している(80頁)。
  • 『村上郷土史』は生母を「側室の武笠氏」とするが、他の史料に所見がない。

出典[編集]

先代:
6代:内藤信輝
内藤家(信成系)歴代当主
7代
次代:
8代:内藤信旭