内藤就幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
内藤就幸
時代 江戸時代初期
生誕 元和7年(1621年
死没 元禄14年1月26日1701年3月5日
改名 伝弥(幼名)→内藤就幸
別名 通称:左源太→又左衛門
主君 毛利秀就綱広吉就吉広
長州藩
氏族 藤姓内藤氏
父母 父:内藤元幸
兄弟 就玄、就幸就貫
幸茂

内藤 就幸(ないとう なりゆき)は、江戸時代初期の長州藩士。父は内藤元幸

生涯[編集]

元和7年(1621年)、内藤元幸の次男として生まれる。毛利秀就加冠により元服し、「就」の偏諱を与えられて就幸と名乗った[1]

以後は長州藩士として毛利秀就・綱広吉就吉広に仕え、元禄14年(1701年1月26日に81歳で死去した。

脚注[編集]

  1. ^ 萩藩閥閲録』巻131「内藤作兵衛」には2種類の加冠状が収録されており、一方は寛永6年11月15日1629年12月29日)付で宛名は「内藤傳彌」、もう一方は寛永12年1月11日1635年2月28日)付で宛名は「内藤左源太」。

参考文献[編集]