内藤政環

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
内藤政環
時代 江戸時代後期
生誕 天明5年10月17日1785年11月18日
死没 天保7年8月23日1836年10月3日
墓所 神奈川県鎌倉市光明寺
官位 従五位下、播磨
幕府 江戸幕府
陸奥国湯長谷藩
氏族 水野氏内藤氏
父母 父:水野忠鼎、養父:内藤政偏
兄弟 水野忠光内藤正国米倉昌俊政環
正室:内藤政為の娘
養子:政民
養女:水野忠光の娘(政民の正室)

内藤 政環(ないとう まさあきら)は、江戸時代大名陸奥湯長谷藩の第9代藩主。

天明5年(1785年)10月17日、肥前唐津藩主・水野忠鼎の十男として生まれる。寛政11年(1799年)に第8代藩主・内藤政偏が若死にしたため、養子として跡を継いだ。同時に叙任している。しかし藩政においては文政3年(1820年)に水害、翌文政4年(1821年)には旱魃と、多難を極めた。このような中で文政7年(1824年)8月23日、家督を養子・政民に譲って隠居した。天保7年(1836年)8月23日に死去した。享年52。

脚注[編集]