内藤清行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
内藤清行
時代 江戸時代中期
生誕 元禄2年(1689年
死没 正徳3年1月16日1713年2月10日
官位 従五位下若狭守
信濃高遠藩世嗣
氏族 米津氏内藤氏
父母 父:米津田賢、母:永井尚春娘
養父:内藤清枚
兄弟 米津田岡、米津田和、清行ほか
養兄弟:頼卿
乾了院朽木玄綱正室)、
高木正府正室(後片桐満紀継室→松平信岑継々室)、長頼安部信峯三男)

内藤 清行(ないとう きよゆき)は、江戸時代中期の信濃国高遠藩の世嗣。

略歴[編集]

元禄2年(1689年)、大身旗本・米津田賢の三男として誕生した。

元禄16年(1703年)、信濃高遠藩初代藩主・内藤清枚の養子・長頼が廃嫡されたため、代わって内藤清枚の養子となる。宝永元年(1704年)、叙任される。

正徳3年(1713年)、家督を相続することなく早世した。代わって、清枚の長男・頼卿が世嗣となった。