内藤頼博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

内藤 頼博(ないとう よりひろ、1908年3月12日 - 2000年12月5日)は、東京府出身の裁判官弁護士、教育家。子爵正三位勲一等瑞宝章

経歴[編集]

旧信州高遠藩主内藤子爵家の第14代当主として東京府豊多摩郡内藤新宿町に生まれる。内藤頼直の孫、内藤頼輔の子。1931年東京帝国大学法学部卒業東京家庭裁判所長、広島高等裁判所長官、名古屋高等裁判所長官を歴任。1973年に退官し、弁護士となる。

弁護士業の傍ら、1979年から1987年まで多摩美術大学学長、1975年から1991年まで多摩美術大学理事長、1987年から1993年まで第22代学習院院長を務めた。老衰で死去。

息子の内藤頼誼は元朝日新聞社アメリカ総局長。

著述[編集]

関連項目[編集]


日本の爵位
先代:
内藤頼輔
子爵
高遠内藤家第3代
1944年 - 1947年
次代:
華族制度廃止