内藤頼多

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
内藤頼多
時代 江戸時代中期
生誕 寛保元年3月10日1741年4月25日
死没 明和8年11月18日1771年12月23日
改名 松平勝邦、内藤頼多
別名 弥門
戒名 至養院
官位 従五位下駿河守
尾張藩信濃高遠藩世嗣
氏族 尾張徳川家内藤氏
父母 徳川宗勝、馬場氏娘・お登世の方
内藤頼由
兄弟 房姫、徳川宗睦松平義敏、豊姫、
松平義当松平勝長、松平勝綱、
竹腰勝起、邦姫、井上正国頼多、勝鷹、品姫、恭姫、陽姫、内藤政脩ら15男11女
秋田定季娘・富姫
長好
テンプレートを表示

内藤 頼多(ないとう よりた)は、江戸時代中期の信濃国高遠藩の世嗣。官位従五位下駿河守

略歴[編集]

尾張藩主・徳川宗勝の十二男として誕生。母は側室のお登世の方(清光院、馬場氏)。正室は秋田定季の娘・富姫。子は長好(長男)。

内藤頼寛が早世したため、宝暦11年(1761年)に内藤頼由の養子となる。しかし、頼寛同様に家督を継ぐことなく夭逝した。代わって、越後国村上藩から頼尚が養子として迎えられ、嫡子となった。