内藤頼多

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

内藤 頼多(ないとう よりた、寛保元年3月10日1741年4月25日) - 明和8年11月18日1771年12月23日))は、信濃国高遠藩内藤家の嫡子。尾張藩徳川宗勝の十二男。正室は秋田定季の娘。子は長好(長男)。官位は従五位下、駿河守。

内藤頼寛が早世したため、宝暦11年(1761年)に内藤頼由の養子となる。しかし、頼寛同様に家督を継ぐことなく夭逝した。代わって、越後国村上藩から内藤頼尚が養子として迎えられ、嫡子となった。